2010年06月10日

今日の岐登牛山

 晴れ。+15〜+26℃くらい。

 ムクドリの雛は巣立ち間近。


 親鳥を待ちわびて、というより、外が気になって仕方ないようになってきた、というところ?


 展望閣に向かう車道。夏の日差し。


 なにがどうなってるのか、1頭のキアゲハと2頭のヒメウスバシロチョウが組んずほぐれつ、空中でも絡み、地上でもからみ、なにがきっかけかわからぬままに(連中には解っているのかも)散開した。


 ハクウンボクのつぼみは未だ硬そう。


 優雅な感じで、その実態は・・・、バイケイソウに陣取るニホンアマガエル。ゾウムシが茎を這う。


 そのゾウムシ(体長7mmくらい)の、一応アオヒゲボソゾウムシと呼んでおくのだけれど、左前脚には花粉がびっしり。


 シウリザクラとサカハチチョウ


 腰から下と耳毛を残すのみ、冬毛は。あの子リスたちの父親かもしれない、そうではないかもしれない。
posted by take_it_easy at 20:17| Comment(0) | 岐登牛山