2010年05月12日

今日は雨。

 雨、午後には小降り、小やみ。+5〜+7℃くらい。

 きょうは休憩。いっぺんにネタがなくなる。

 春耕期を迎えて、わがウェブサイト「北海道の耕地雑草」を閲覧下さるかたが少しだけれど増えてきたようだ。ふだんはたぶん、ロボットだとかクローラばかりがアクセスしているようで、そのおかげで、「耕地雑草」とか「北海道 雑草」で検索すると、googleでもyahooでも、一番上に掲示されるようになっている。きっと、参考にしてくださっている人達も多少はいらっしゃるのだろうと思っている。だがしかし、付け加えるべき知恵も知識ももはや枯渇し、ただ曝しているだけで、何の手間もかからないわけだが、気分は重い。とはいいながら、そこそこ存在意義はあるんだ、と、言い聞かせて、いましばらくは保守していこうと思っている。
 てなわけで、雨の一日、「類似種との見分け方」なる項目をおこしてみようかと考えた。各草種のページのNOTEの下にその項目欄を付け加えるのだ。そこまでは簡単、そのあとが簡単じゃない。最大の理由はネタがほとんど無いということ。つまり、欄はあっても、空欄ばかり、ということだ。じょじょに埋めていく、という言い訳は現実として通用するだろうか。しなくても、そう言っておく。にしてもむなしい作業だなあ、肝心の「耕地での防除」に結びつくだろうか、結びつくわけがない、というのがわたしの第一感。めざすは無害のサイト。
posted by take_it_easy at 21:34| Comment(0) | 耕地雑草