2010年05月06日

今日の岐登牛山

 はれ。+6〜+19℃くらい。

 暖かく、トリたちは盛んに声を出し、沢山いることが判る。が、声だけでは何という種類がいるのかはほぼ判らない。姿を見せろ! おねがい。
 暖かいのだけれど、風が強くて、山からの帰り、まともに向かい風、ヤッケを着ないと冷えるし、着たら暑いし、往生。


 久しぶりにエゾリスと遭遇。カタクリを背景にと粘ってみたけど、そうは問屋が卸さない。


 なんかの樹皮を後生大事にくわえている。(大きな画像は「岐登牛山彩々」の「動物」「ゴジュウカラ」を参照願います。)


 長い口吻は蜜に届いているのだろうか。ホバリングじゃなくてエゾエンゴサクの花弁に脚を掛けて吸っているビロウドツリアブ。


 展望閣への道は花の道になった。ヒメギフチョウはいないかなと見渡してみたけど、見当たらず。


 展望閣直下。ここの光の具合はいつもいいなあ、と、おもう。


 エゾスジグロシロチョウが目につくようになった。


 なんとなく肉食恐竜を連想してしまう。囀るアオジ。


 あっという間にキタコブシが開花。


 あっという間に。


 キャンプ場を出るところで、ことしもいたね、ニュウナイスズメ。
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(2) | 岐登牛山