2010年05月23日

盤の沢から姿見へ

 晴のちくもりのち晴。+10〜+24℃くらい。雪山ではもっと暑い感じ。

 もっとスキーを。ということで、盤の沢から姿見へ。まだまだスキーコースには雪がいっぱい。まわりにもいっぱい。


 盤の沢もなんとなく春めいて、雪はいっぱい、春のザラメ。


 オプタテシケは雲の上。その先は雲の中。


 コースを離れて、姿見へのショートカット、盤の沢の底を登って、そこを降りてきた。


 噴気が大量。旭岳の頂上が見えないのは、雲のせい、だけではなさそう。


 ウソの♀ははたらきものなんだそうな。

 エゾモモンガのいそうな所に寄り道したけど、いるわけがない、いない。
 スキー道具は今日で片付けるつもりでいたけど、やめとく。
posted by take_it_easy at 18:25| Comment(2) | 大雪山

2010年05月22日

今日の岐登牛山

 晴れ。+9〜+23℃くらい。

 麓の家族旅行村では、春の「くらし楽しくフェスティバル」が開かれていて、大賑わい。出店が一杯。腹を空かせて行ってはいけない。そばの林間キャンプ場にもその賑わいとニオイが届くから、生きものたちは避難したかな。


 出店と車で平らな場所は埋まってる。


 交尾板?を付けてるから♀。オクエゾサイシンの葉に留まろうとするけど、スリップしてうまくいかない。産卵を終えたホッチャレかも。すぐ近くに卵あり。


 フデリンドウ


 葉っぱが1枚欠けたクルマバツクバネソウ


 今日はのんびり、しっぽの手入れ。今年はよく遇うね。


 ハウチワカエデ。


 飛んでるところを狙ってみたが。シータテハ。


 ピッカピカのルリハムシ。


 こちらはあまり光らず、エゾアザミテントウ。チシマアザミの葉の上はムシの楽園(なわけないけど)。
posted by take_it_easy at 21:39| Comment(0) | 岐登牛山

2010年05月21日

今日の岐登牛山

 はれのちくもり。+7〜+20℃くらい。

 トリが賑やか。


 キビタキ


H.Ochi

 これもキビタキ(画像をクリック)


 これはカタクリハムシ、カタクリじゃなくオオウバユリの葉っぱにいる、あちこちの。


 これはアカゲラ、倒木を突っつきながら前進。


 ニュウナイスズメ、なにを食べていたのだろうか、花柄のあたりを突っついていた。


 これもニュウナイスズメ、たぶん上とつがい。


 これはエゾシマリス


 これはメジロ。高いところにいて、ややこしい節回しでさえずっている、大きな声で。空を向いて囀りながら、顔の前に来た羽虫をキャッチしていた、器用なもんだなあ。
posted by take_it_easy at 20:17| Comment(2) | 岐登牛山

2010年05月20日

スモモの害虫

 ほぼ雨、+12〜+15℃くらい。

 久しぶりの雨、明日も雨模様の予報。

 サクラは散りかけているようだけど、スモモは満開。枝という枝にはびっしりと花が団子状態。実を採るつもりなら咲きすぎ。だけど、上の方に見える枝には花も葉っぱもさっぱり見えない。枯れているわけではないようで、去年、あそこではたくさんのエゾシロチョウ成虫がひしめき合って何かをしていた。10ヶ月もの幼虫時代にえらい悪さをしてくれる。



posted by take_it_easy at 18:24| Comment(0) | 東川歳時記

2010年05月19日

倉沼神社から旭山へ

 はれ。+9〜+24℃くらい。暑かった。

 倉沼神社までは車、林道経由で旭山(二等三角点旭山)、動物園を通り抜けて、ふたたび山越え。


 林道入り口のすぐ左側の大きな木は、「倉沼開拓記念保護樹木」というのに指定(平成6年、北海道)されているのだとか、樹齢200年あまり、カシワ。なかなか立派な木。


 林道をヒメギフチョウが行ったり来たりしていた。留まる気はないとみえ、ならば飛んでいるところを、と何回か挑戦したら、たまたまこんなのが写っていた。エゾスジグロシロチョウ。


 行ったり来たりしているだけだから、すんなり撮れそうな気がしたのだが、構えてみると、けっこう速いんだなあ。で、これが判別できる唯一の画像。なんと2頭。


 ヨツボシトンボ。近づくとチョットだけ移動する。近づくと少しだけ遠ざかる。


 旧スキー場上部から、旭山動物園東口方面。


 パタパタパタとヘリが行く。ドクターヘリ。中のヒトはどんな具合?


 新施設、猛禽舎? いまはオジロワシが展示されている。


 人気のペンギン館、暑くてか、でているのは数頭、フンボルトペンギンのあくび。


 イカル。


 採っても大丈夫そうなギョウジャニンニクの群落発見。喜んだのも束の間、最初につまんだ葉っぱにこいつが2匹。ズボンに1匹。
posted by take_it_easy at 18:49| Comment(2) | 東川近郊の低山

2010年05月18日

今日の岐登牛山

 晴れ。+6〜+23℃くらい。暑かった。

 満開かつ新緑(緑じゃないけど)のサクラの植林地にはいると、桜餅を食べたくなる。あの香りがただよう。すぐ上の方ではジンギスカンのにおい、これまた食べたくなる。きょうは「ジョッキを一杯 グイーッ」があまり聞こえなかった。
 南端展望台からの折り返し、行き交ったひとりの登山者から「この先は頂上ですか」と問われた。分岐を見過ごされたようで、なんとなく不安げだったから、頂上まで案内させていただいた。三角点標石にタッチなさっていた、山名標識のそばでコンデジのシャッター押下を依頼された。
 途中、頂上方面から下りてくる二人連れ、ガイドのIさんともうひとかた、妙齢のお方。山名標識がとってもかわいかった、とのこと。
 

 もう少しで蹴飛ばすとこだったよ。


 カラマツの芽吹きと青空と、ついでにさえずるアオジと。


 整列するオオカメノキの分枝。両性花は未だつぼみ。


 オオルリはなぜか飛んでばかりいる、このブログでは。


 忠別岳から富良野岳まで、もう少し右を見ると芦別岳も視野にはいるが、わたしのレンズはこれが限界。南端展望台からのパノラマ。


 キタコブシ。


 ♀♂交替で。鳴き交わしたあと、♂は飛び出し、しばらくして♀が潜り込んだ。

 数日前に案内の通り、「北海道の耕地雑草」の畑地雑草草種紹介ページをそこそこ改訂しました。興味ある向きにはご参照下さいな。
 午後の3時頃から8時頃まで、plalaに不具合が発生したようで、「大雪山旭岳の麓から」も「大雪山旭岳の麓に行こう」もアクセスできなかった。この間、ご訪問に挑まれた方、ご迷惑をおかけしました。懲りずにアクセス、ありがとうございます。
posted by take_it_easy at 21:32| Comment(0) | 岐登牛山

2010年05月17日

今日の岐登牛山

 曇りに近い晴れのち一時雨。+10〜+20℃くらい。

 花見の人達で賑わっている。


 満開に近い状態だと思う。


 花期が遅れているだけに、葉の展開も追いつくように進んでいるような感じ。


 どちらが♂でどちらが♀?


 スコットカメムシ、フッキソウの葉の上で。


 あちこち、刈り込まれる芝生のような所でも、たくさん咲いている。オオタチツボスミレ


 いよいよコウチュウがわき出してくるようになってきた。ツヤのあるヤツ、ハンノキハムシ。


 毛むくじゃらでツヤなしのニレハムシ。


 門番? それとも♂を待っている? ヤマゲラ♀。


H.Ochi

 目の前を横切った。一瞬立ち止まり、すぐに林床のヤブの中へ。あの「試験管洗いちゃん」だ。見える範囲には巣らしきものはなく、しばらく待ってみたが、戻ってくる気配もなく、真相はヤブの中。(画像をクリック)
posted by take_it_easy at 18:35| Comment(0) | 岐登牛山