2010年04月26日

ヒグマの足跡 松山林道

 くもり時々晴れ、のち晴れ。

 雪のあるうちに、松山林道経由で胡桃沢に出てみようと思った。いつも、松山林道ではヒグマの気配を感じさせられてきた。きょうは、ひょっとして、木の間越しにヒグマの姿を見たいなあと、チョットだけ思いながら。


 冬期休業中のドライブインまんてん横から雪に乗ると、すぐそこに、足跡がついていた。林道を横切って、まんてんの建物の方に続いていた。いつのものかは判らないけど、判らないから、なんとなくそこにいるような気がする。


 いたら判る、と、スキーを滑らせていくと、同じような足跡が交叉する。小さな沢を渡っている。


 内股で。


 いまにも落ちそうなスノーブリッジを渡っている。確かめながら?


 左後足と手袋、右前足。子連れの♀のような気がした。まとわりつくような小さな足跡があったから。ホントのところは判らないけど。


 神経を前後左右に張り巡らして進んでいくと、ちらっと動くものが眼にはいった。ドキリ。遠くにキタキツネ。こんなのでこんなにドキリじゃ先が思いやられる。


 ゲートの所で、もうやめ。

 気分一新、エゾモモンガの所まで。

 タンネの森には結構な新雪。


 一匹だけ。チョットよそ見している間に消えた。消えたように居なくなった。だいぶ食い散らかっていたから、飽食して、たぶん、帰ったんだろう。
posted by take_it_easy at 18:56| Comment(3) | 大雪山