2010年04月22日

今日の岐登牛山

 晴れそうで晴れないくもり。−0〜+6℃くらい。

 昨日の雨は夜半には淡雪になって、木々の梢や地面はうっすらと雪化粧。林に入ると、淡雪の融けた雫が二三粒ぽたりと背中に落ちてくる。


 開きかけたカタクリの花はなおためらっている。身構えがすこし強くなった。そのよこでオオバナノエンレイソウの茎葉は確実に大きくなっている。


 展望閣への道、積雪期にもメインストリートだったから、しっかり踏み固められた雪は最後まで残る。この左手の斜面でもカタクリがたくさん待機している(のだけれど)。


 つぼみを何かが食いちぎったか、周りに同じようなものは見当たらず。


 咲いたか咲きそうな花はたいていしょんぼりしているのに、ナニワズは関係ないとばかりに普通に咲いている。花粉が元気かどうかは確かめず。


 このサイズははじめて投稿。
 耳毛に注目。風呂上がりではもちろんないよ。雪からの雫がついてる。
 湿気っているから、へたくそだから、クルミを上手には割れなかったみたい。


 稲積神社神殿跡小ピーク裏側からの道。冬の通行量は多くはないから、踏み跡部分の融けるのが速い(かな)。
 左側の残骸は、ピークに置かれていた展望案内板。昨年の写真展の時に撤去されてこの場所に片付けられ、以来、放置されている。伐採した木でカモフラージュされている(そのつもりはないかもしれないけれど)のはすこし醜い。ことしも、なんかの整備事業予算が措置されているようだから、きっと撤去し、適正に処分されることにはなるんだろうけど、早いほうがいいと思うけどなあ。「ニセウの森づくり」などで来る子供達には目の毒だと思うがなあ。
 そういえば、札幌の円山公園や藻岩山登山道の改修工事で出た廃棄材料を山林内に放置していることが問題になっているらしい、報道によると。事業担当者としては、自然に還すつもりだったというようなことらしい。ものすごく曖昧に「自然」という表現が使われていることこそ、深刻なのではないかというような気がする。
 そういえば、去年の例の写真展でも、そのモチーフとして、「自然から切り取ったものを自然に還してみた」というような考えを表明されていたように思う。なんだかよくはわからなかったなあ。
posted by take_it_easy at 20:44| Comment(2) | 岐登牛山