2010年04月19日

エゾモモンガ再見:旭岳山中

 はれ。
 うまくいけば飛んでるところを撮ってみたい、と、出かけた。スキー場Dコースを溯ったら息が上がってしまった。

 ポイントに着いて、いそうな所を覗いてみたが、ざんねん、居ない。食べ散らかした跡があったから、もう昼食休憩に入ったか。きょうは諦めよう、そういつもうまく目撃できるわけでもなかろう。そうおもった瞬間、わたしの眼の片隅に陰が入り、肩をかすめて、すぐ目の前のアカエゾマツに着床。ほんの一瞬、こちらを窺うようにしていたが、関係ねえ、とばかりに、トドマツの葉を食べ始めた、一心不乱に。
 しばらくして、もう一匹が穴から出てきて、排便をした。カメラも気持ちも構えてみたが、ヤツはそのまま穴に戻ってしまった。
 飛んでいるところは、しっかりと目に焼き付けた。が、ざんねん、カメラの画像素子には焼き付けることはできなかった。また次の機会を。


 Dコースと交わる勇駒別川。


 当麻岳方面に薄日があたる。


 こちらを窺う。


 が、すぐさま(たぶん)一心不乱に。


 なぜか、トドマツの葉を食べる。


 なぜか、アカエゾマツの葉は食べない。すぐそばにトドマツの葉があるから、は答えにならない。


 黙々と。


 食べ散らかし中、この上方で採食中。


 2匹目が排便中。この後すぐに穴に戻る。ちゃんと外でするのはえらい。なんだかほんとに夜行性なの。


 1匹目は変わらず黙々と。アカエゾの枝のように見えるけれども、右奥のトドの枝が伸びてきているのです。
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(0) | 大雪山