2010年03月24日

江卸山再訪

 久しぶりに日差しが強く、まぶしい一日だった。

 東川市街から道道旭川旭岳温泉線通しに大雪山の方をみると、やや左手にエイの背中のような形のあまり背の高くない山、江卸山(エオロシ山、671.8m)が望まれる。きょうはあそこに行ってきた。標高差250mほど、片道3kmほど(およそ半分は草地か畑地か、およそ四半分は送電線跡の開けたところ、あとのおよそ四半分が林地)、のぼり1時間半ほど、くだり40分ほど。
 気温が高くて暑かったし、雪はやや湿ってはいるけれど、一見、真冬のような純白の装い。


 モクモクと湧き立つ雲に向かって、黙々と。


 送電線跡を行く。このまま行くと忠別ダムの下(旧江卸発電所跡)に行けるはず。


 もう、すぐそこが頂上。
 

 ひっそりと佇む低山にある頂上標識の文字、去年(3月2日)よりクッキリしているような気がした。


 東南東(忠別岳方面)


 この山、難点は、滑って下りて終わり、というわけにはいかないこと。
posted by take_it_easy at 18:46| Comment(0) | 東川近郊の低山