2010年03月19日

今日の岐登牛山

 くもり、一瞬の日差しあり。−4〜+2℃くらい。

 柔らかい新雪の下にある堅雪がシャーベット状にゆるんで、ズボッ。


 沢筋を水が流れる。


 あまり見かけないニンゲンだなあ、とおもっているのか、カラマツの枝にいたヤツがトイレの軒下に逃げ込んだ。近づくと大慌てで梁を走り回り、


 遠くまで行けばいいのに、とまって、こちらを振り返る。怖かったんだね、ゴメンね。


 カエデの樹液を舐める。


 編み込むようにして幹を這い上がるツタウルシ。


 ユスリカの類(フユユスリカ?)の♀。♂もたくさん出ている。♂は触角が羽毛状、腹部が翅の先端より長い。この類の成虫は1日〜1週間の寿命だとか。これこそエフェメラルだなあ。


 鯉の池の氷もゆるみ、金兜のような魚影がゆっくり動くのがみえた。
posted by take_it_easy at 21:03| Comment(2) | 岐登牛山