2010年03月18日

今日の岐登牛山

 くもり、日が差すこともあり。アメダス東川によれば、−7〜−1℃くらいの真冬日だったようだけど、ズボンの裾にくっついてくる雪は半ば溶けていた。

 きのう降った雪の柔らかいことを期待して、スキー場を登っていった。スノーボードの先客がいたらしく、ツボ足の跡と滑った跡がついていた。頂上にもどなたかが先着なさっていたようで、スノーシューの跡が南端方面から来て、山名標識のそばで折り返していた。


 キャニオンコースの降り口方面、ほぼ中央に北端展望台。旭山がガスに包まれそう。


 ササが出てきそうで出てこない、冬山の様相に逆戻り。


 ハリエンジュの莢。うしろの赤いのはリフト終点施設の塗装。
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(0) | 岐登牛山