2010年03月02日

岩山(三等三角点)

 よい天気、−15〜−5℃くらい。

 三等三角点「岩山」(標高428.4m)のある山に行ってきた。標高差200m足らず、歩行距離片道1kmほど、のぼり1時間、下り20分。お天気もよく、東側はすばらしい展望だった。木立はわりと密ではないから、スキーの使い勝手が大変よろしい。雪質はひどかったから往生したけど。いちどゆるんで、がっちり凍って、その上にうっすらと新雪。きょうの日差しでまたすこしゆるんでいる。頂上部は3つの小ピークがあり、いちばん北のピークが最高地点(多分430mほど)。そこから50mほど離れたいちばん南のピークに三角点は設置されているような気がした。地形図上でも、最高地点からずれているし。
 地形図表記では、頂上部もゆるやかな地形になっているようにおもわれるが、実際は、とくに東側は崖になっており、けっこうな高度感がある。西も北もけっこう急峻で、なぜ崖マークになっていないのだろうか、ちょっと不可解。
 大袈裟に言えば、双耳峰。沢型を通ってその鞍部を目指そうか、それともま東にのびる尾根状地形を辿ろうか、迷ったあげく、前者を採ることにした。後者を採っていると、結局は回り込むことになったか、行き詰まったか。


 道道旭川旭岳温泉線から。


 入り口、頂上方面のハズ。


 落葉広葉樹林の沢型を行く。


 カラマツ林を行く。


 まもなく鞍部。


 鞍部から頂上方面に向かう。


 雪の下に多分三角点が設置されている。


 頂稜、そこが最高地点。ここまでスキーを使えた。


 東側は急峻。


 スキーを脱いで登る。たぶんチャートの岩塊の上に雪が乗っかっている。雪庇はなし。


 東側を俯瞰すると、結構な高度感がある。


 視線を上げると、岩山〜上米飯山と大雪山。


 北の方に向けると、手塩の山々が一望できる。天塩岳をズームアップ。


 ここまで下りたら一安心。
posted by take_it_easy at 18:49| Comment(0) | 東川近郊の低山