2010年02月20日

音子内方面

 快晴のち吹雪。−8〜−1℃くらい。

 きょうは天気は悪いと勝手に決めつけて、休養できると(いつでも休養できるのに)思っていたら、朝、どんどん晴れてくるではありませんか。仕方なく急ごしらえをして、岐登牛山の東隣、三等三角点(音子内、標高483.19m)のある山方面にでかけた。北側からならいい雪がありそう。
 ところで「音子内」はなんと読むんだろうか。第一感はオンネナイだけど。地形図には「オンネナイ」と呼べそうな沢スジは明かではないけど、ひょっとすると下南部貯水池に流れ込む小さな沢(があるはず)が謂われの「ナイ」なんだろうか。忘れなければ調べてみよう。どうやって?


 基盤整備された水田のあいだについた林道が入り口。きょうも先行者の足跡がある。らくできる。


 一段高い水田の畦に残るノラニンジン。


 足跡はすぐに植林地に入り、すぐ近くからのこぎりを挽く音が聞こえた。登山者のではなくて、枝打ちに来た林業者のものだった。なんだかフラフラしているのが恥ずかしいような気分。植林地を逸れて雑木林をすすむと、小さな小屋があった。


 行き詰まった。ここで引き返す。


 振り返り、旭川市と当麻町との境界にならぶ山々を眺めると、透明な青空が雪雲に押しやられそうだった。
posted by take_it_easy at 21:10| Comment(4) | 東川近郊の低山