2010年02月16日

上米飯山

 ことのほかいいお天気。アメダス東川では−16〜−8℃くらいになっていたようだけど、日差しの強い尾根の雪面は水気を含むようになって、滑らすスキーに雪がくっついてきて、滑りにくくなった。

 一昨昨日、途中で止めた上米飯山に行ってきた。コースは同じ、岩山近くを経由して、尾根通し。幸いにも、一昨昨日の足跡が残っていて、コースに不安無し。その足跡が途切れるところまで快調に進んだ。少しくだって最後の登りにかかると、さらに幸いにも数日前のスノーシューの跡に合流、あとはなんの苦もなく、止め脚から30分足らずで頂上に達した。くだりはシールを付けたり外したり、板の裏に着く氷のような雪を剥がすのに手間取ったが、まあ快調ペースでおりてきた。
 クルマの所で後片付けをしていると、通りかかったダンプの運ちゃんが、「なんか獲ってきたの?」ときいてきた。「うん、写真を撮ってきた、シカの足跡はあったけどね」「鉄砲でも持って入ったのかとおもった。」


 岩山横のカツラの大木横を通過、前回より5分は速い。


 尾根に出ると、エゾシカの深い足跡が縦横についていた。前回は気づかなかったが。


 一昨昨日の跡が残っていて大助かり。


 一昨昨日の終点から頂上方面の展望。


 もうすぐ頂上


 着いた。大雪山方面は雲の中。この南斜面は魅力的。


 中岐登牛山方面。つぎはあっちか(な)。


 米飯山方面は見透し不良。
posted by take_it_easy at 19:39| Comment(4) | 東川近郊の低山