2010年02月05日

忠別川は冬深し

 吹雪模様、−13〜−8℃くらい。
 首筋から風が入ると大変冷たい。塞ぐとそうでもない。風は顔にも当たって大変冷たい。塞ぎようがなく、冷たい。

 吹雪の忠別川を見てこようと、吹雪の盛りに出かけてみた。土手では、股まで潜り、雪は庇状に張り出しているものだから、上に上がるのが大変。河川敷ではよく締まりあまり潜らなかった。のだけど、雪はササの上にあるから、ときどき踏み抜く。もたもたしているうちに吹雪は止んでしまった。こんな日にも、ゾンメルシーで歩いている人がいらっしゃる。川を離れて帰り道、また吹雪いてきた。


 行き帰りの道はこんなふう。吹雪というより地吹雪。


 傍流はかなり細くなった。


 センボンヤリのようなタラ
posted by take_it_easy at 19:33| Comment(0) | 忠別川