2010年01月17日

スキージャンプワールドカップ第16戦札幌大会(速報)

 きょうは第16戦、宿泊地付近の早朝は大雪(おおゆき)、道新朝刊記事には競技は全て1時間前倒し、試技は無し、とあるではないか。宿泊地を飛びだして大倉山に着く頃にはその上空だけ青空が拡がる絶好の競技日和となっていた。
 1位は、きのうの結果までで総合1位となっているアマン、2位はモルギー、と思ったら、2本目でなにかの事情で失格、葛西が繰り上げ2位となった。モルギーの失格理由は又聞きによると、スーツの規定違反なのだとか。好調葛西のはるか上を行く飛躍だったから、ちょっとザンネン。メーカーの技術者、なにやってんねん。(←ゴメン) (補記 スーツの規定違反のこと、飛んだあと、競技域内で靴に掛けていたウエアのバンドを外したのが規則違反なのだとか、なんとももったいないなあ。てっきり、ウエアの寸法とかデザイン上のことかと思ったが。20100118)

1  65 AMMANN Simon  SUI 139.5m 135.0m  293.1pts
2  61 KASAI  Noriaki  JPN   131.0   123.0   255.7
3  63 KOCH Martin  AUT   136.0   119.5   255.4


 アマンの2本目


 葛西(2本目)は気合いが入ってる? 入りすぎ。


 右端はMan of the Day のZAUNER David(AUT)


 MORGENSTERNの1本目は136m(失格の2本目は130.0m)
posted by take_it_easy at 23:53| Comment(2) | スキージャンプ