2010年01月14日

今日の岐登牛山

 くもり。−12〜−5℃くらい。

 ここ数日、荒っぽい(普段でも荒っぽい滑りしかできないけど、それに輪を掛けた)スキーをしていたから、きょうは、調整のつもり(過労気味の解消)で穏やかに滑ってきた。浅い新雪がほどよいブレーキになって、エッジの効かない滑りにちょうどよかった。
 斜面のあちこちで講習会の花が咲く。受講者はみなさん、けっこうな年配の方達。みなさん、お上手で、もう十分なんじゃないの、と思うが、長く続けるためには大事なことかもしれないなあ。


 展望閣への夏道沿いは、しっかりと踏み固められた。


 わたしの後から、わたしの肩をかすめるように飛んできて、ある施設の梁に潜り込んだヤマゲラ。
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(0) | 岐登牛山

2010年01月13日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。−17〜−9℃くらい。出かけている頃は−10℃超。スキー場の雪はミシミシ言っていた(シミジミと)。


 霧っぽい空気。南端展望台から。


 霧が凍りついて、キラキラ。頂稜の道。


 出会い(出会い頭)


 上手に咥えるもんだ。
posted by take_it_easy at 18:10| Comment(2) | 岐登牛山

2010年01月12日

今日の岐登牛山

 晴れ、−8〜−1℃くらい、夕方になって、−10℃を超えた模様。風もなく、結構な日和。

 今シーズンはじめて、頂稜を越えて、旭川側に少し降りてみた。カラマツの植林地。等高線に直角に伸びる作業道が結構なゲレンデ。新鮮なウサギの足跡があり、すこし追っかけてみたけど、こちらは体力切れ。


 いつもは望遠系、きょうは広角系で撮ってみた。展望閣横から。


 キタコブシの冬装束


 旭川側のカラマツ植林地

(シロハラ)ゴジュウカラ
 体の割に大きな声が出る。
posted by take_it_easy at 20:19| Comment(2) | 岐登牛山

2010年01月11日

今日の岐登牛山

 くもり、−10〜−5℃くらい。
 明け方に降った雪がやわらかく積もって、絶好のスキーコンディション。


 林間キャンプ場では、子供達が幕営体験をしていたようだ。


 相変わらず樹上を走り回っている。四肢の先にまで神経が行き渡っているのもお見事。


 キャニオンコースを塞いでいたネットが外され、その向こうにある北端展望台に行きやすくなった。


 ここは南端展望台からの戻り道。

ミヤマカケス
 省エネ(になってるかどうか)
posted by take_it_easy at 18:09| Comment(0) | 岐登牛山

2010年01月10日

今日の岐登牛山

 きょうもくもり。−8〜−4℃くらい。

 夜半にうっすら積もった柔らかい雪が、少しの風で落ちてくる。あたかも大粒のぼたん雪のように。
 エゾリスの活動を見ていると足が止まる。わがネタ切れの救世主です。


 わざわざ近寄ってきて(いるのではないかもしれないけど)、なにを考えてるんだか見当がつかない。


 「威嚇のポーズ」と見なされることもあるようだけど、威嚇だなんて、ただ、邪魔、あっちへ行って、と思っているように見える。

ヤマゲラ
 びっくりするくらい大きな声で短章をうたった。


 稲積神社神殿跡小ピークを下る人影ふたつ。南端から。

クモガタガガンボ♂
 雪面を千鳥足でもつれそう。見える範囲には同類はいない。こんなんで異性に出会えるんだろうか。
 で、お節介にも、異性をそばに連れてくるとすぐに交尾するんだそうな。♂にはつかんで離さないぞという器官がお尻にある。
 ついでに誰かから怒られそうなこと、♂のフトモモは太く、♀のそれは細い。

posted by take_it_easy at 18:21| Comment(2) | 岐登牛山

2010年01月09日

今日の岐登牛山

 くもり、いちじゆき。深夜には−10℃を超えていたが、山中をさまようころには−2℃前後、一応は真冬日。

 きょうは1視野に3頭のエゾリスを見た。
 複数の声を聞いたが、見たのは1羽のキクイタダキ。


 展望閣で引き返し。降り口から斜面を真下にまっすぐ降りてみた。長靴で降りたが、チャートの岩塊と岩塊との隙間、灌木の枝が油断ならなかった。

キクイタダキ
 数コマ撮ったけど、頭のてっぺん判別可能なコマはなし。


 食べずに走る。
posted by take_it_easy at 17:59| Comment(2) | 岐登牛山

2010年01月08日

今日の岐登牛山

 くもり、−14〜−4℃くらい。

 久しぶりに複数のエゾリスを見た。


 南端展望台への夏道沿いは徐々に雪深くなってきた。

オオバボダイジュ
 

 雪囲いされたツツジでなにを漁っているのか、はともかく、縄に掛けた足がかわいい。


 たえず周りを気にしながら、 掘る。


 あったー。


 このあと、別の所に再び埋めた。
posted by take_it_easy at 18:11| Comment(2) | 岐登牛山