2009年12月19日

第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(3/3)

第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(つづき)

成年の部

 ワールドカップ参戦組は不在、後半戦への入れ替えに向けてアピールしたいところ。リザルトPDFはこちら(名寄地方スキー連盟HPより)


 サマーは絶不調だった東 輝選手(日本空調サービス)が蘇った。空気を切り裂くような鋭角の飛翔。


 この2本目、なんとバッケンレコード(100.5m)。うしろのササの葉はK点のしるし。女子、少年につづいて成年の部も完全優勝だった。


 最長不倒賞のトロフィーと優勝カップ


 2位は小山内佳彦選手(東京美装グループ)


 3位は山田大起選手(長野市スキークラブ) 辞めるといううわさはやっぱりガセだったのね、よかったよかった。


 4位は渡瀬雄太選手(雪印乳業)


 5位は遠藤秀治選手(清光社)


 6位は坂野幸夫選手(雪印乳業)








 閉会式。

 船木和喜選手(FIT SKI)は8位、あすはなにがなんでも。
 田中翔大選手(プライス)は悪くはないけど11位。飛術家の意地を!

 あすは同じピヤシリシャンツェで第25回吉田杯。観戦に行こうよ、みなさん。スキージャンプに連れてって、冬道さえなければなあ。
posted by take_it_easy at 23:01| Comment(0) | スキージャンプ

第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(2/3)

第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(つづき)

少年の部
 次代は誰の背に。中学生の佐藤幸椰選手(札幌ジャンプ少年団)は1番スタート、高校生との競い合い。リザルトPDFはこちら(名寄地方スキー連盟HPより)。


 1位は成田祐介選手(下川商業高校)の2本目(少年の部最長不倒92.5m)。完全優勝。


 2位の清水礼留飛選手(新井高校)


 3位に佐藤幸椰選手(札幌ジャンプ少年団)がはいった。


 4位 細田将太郎選手(北海高校)


 5位 渡部 弘晃選手(札幌日大高校)




 6位(右端)は横川良太選手(白馬高校)。4位の選手、指導者に叱られそうなのか。密かに優勝をねらってたのだろう、可能性は十分にあったろうけどね。


 板の手入れをしながら先輩達の飛翔を見上げる少年組の選手達。 


 ノイズチーム声援す。

(つづく)
posted by take_it_easy at 22:35| Comment(0) | スキージャンプ

第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(1/3)

 第40回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第47回北海道新聞社杯ジャンプ大会(全日本スキー連盟A級公認 スペシャルジャンプ ノ ーマルヒル K=90)が名寄ピヤシリシャンツェ(K=90、HS=100)で開催され、観戦してきた。
 前半は降雪、後半は曇、風はあまりなく、ほぼ順調、公平な条件だった。




 ノイズチームと談笑する、試技に向かう船木和喜選手(ゼッケン132)。オリンピックに向けて再起をかける大会になった。今日明日の連戦での見所のひとつ。137は遠藤晃太選手。

女子の部
 コンチネンタルカップ遠征中の4選手を除く主力選手が出場。ベテラン残留組としては意地でもトップを。若手も表彰台のチャンス。
 リザルトはこのPDF(名寄スキー連盟のHP内)を。


 降りしきる雪の中、1本目最終ジャンパーの葛西賀子選手(日本空調サービス)がスタンバイ。


 アプローチ


 女子の部の最長不倒 88.5mをとんだ。2本ともそれぞれの最長不倒、得点1位。堂々の優勝。


 2位は小浅星子選手(神戸クリニック)


 3位は一本目2番スタートの岩渕香里選手(飯山高校)


 4位の笛木美沙選手(八海高校)


 5位の平山友梨香選手(北翔大学)


 6位の北村咲希選手(松本大学)


 おばさんジャンパーがんばり、ベテラン勢がワンツー。よかったね。岩渕選手はホープまちがいなし。
posted by take_it_easy at 22:12| Comment(0) | スキージャンプ