2009年12月05日

今日の岐登牛山

 朝のうち晴れ、まもなく雲が拡がる。−13〜−2℃くらい。今シーズンではいちばん下がったような。出がけは−10℃くらいの時間帯だったが、それほどの寒さを感じなかった。ここ1週間ほど、同じような服装でいるから厚着しているわけでもない。たぶん身体の温度調節がへたくそになってきているから。汗をかいて、暖まっているうちに家に帰ることが出来るからいいようなもんだけど、山中で捻挫でもして動きにくくなったら、ちょっとやばいかも。きのうの岩山など、ごろごろした岩の積み重なりに雪が少し乗っかって、その隙間を隠しているから、踏み外したらその危険は大。岐登牛山の南端展望台すぐ手前に1箇所、雪が詰まると踏み抜きそうなところができた。そこは避けるようにしているが、通常コース上なので、うっかりするとうっかりする。同好の士、ここを読んでくださっていれば、どうかお気をつけなさるように。




 トムラウシからオプタテシケにつながる稜線。南端から。


 たいていは群れているのに、はぐれたようにこの1羽、盛んに叫んでいる。時々賞味する。はぐれたんじゃなくて、ここにこんなにいっぱいおいしいものがあるよーっ、って教えようとしているみたい。アズキナシとヒヨドリ。


 気温が低いから、融けることなく、だけどもすこしずつ薄くなっている。


 似たような文面のやや古ぼけた看板がほかにもある。それには「東川町」となっている。この新しい看板の「家族旅行村」名になんとなく異和を覚える。「岐登牛一帯」って、いったいどこだ?
 「キトウシ森林公園家族旅行村」を経営している(株)東川振興公社のチラシが町の広報誌に挟まっていた。冬の森林公園を紹介しようという文章がのっていた。冬にシマリスが走り回っていたり、アオゲラをよく目にしたり、コノハズクの姿もあるという紹介はチョットつらいけど、森林公園に親しんでほしいという気分はよく伝わってくる。だけどね、餌台におかれるクルミやドングリは、本来リスたちの食糧になるべきものなんじゃないかなあ。こんな場所でリスや野鳥を引き寄せるのは危険にさらすことにもなりそう。ちょっとお節介が過ぎるんじゃないかなあ、そんな気がする。お客(わたしもお客だけどほぼゼニは落とさないので対象外でいいのだけど)は喜ぶのかなあ。

 FISワールドカップスキージャンプ第3,4戦(個人戦リレハンメル大会)の本戦が今日の夜中からはじまる。岡部と竹内が予選落ちしたのはザンネンだけど、シュリやアマンなどの上位常連組も立て直しているようだし、熱戦が展開されそう。問題は夜中になること。
posted by take_it_easy at 21:01| Comment(2) | 岐登牛山+スキージャンプ