2009年09月11日

今日の岐登牛山

 あめのちくもりのちはれ。+11.0〜+19.1℃くらい。

 きょうは、この山ではあまり見かけなかったトリとチョウをみた。もちろん、わたしが見かけなかっただけだけど。


 トリはキセキレイ。あちこちの山あいの川沿いでは見かけることもあったが、ここでは初めての目撃。キャンプ場の林間サイトにいた。ちょっと遠くて、まだ曇っていて暗くて、原寸大で思いっきりトリミングして、やっと、トリだって判るようなものが撮れた。「岐登牛山の生き物たち」リストに1種追加。


 チョウはルリタテハ。なんどか目撃はしたことがあり、去年の7月末に一度だけ撮ったことがある。その個体はもうボロボロだった。多分、越冬してきて、十分に春を生きたものだったろう。きょう見た個体は、キャンプ場を抜けると、すぐさま、わたしの白い上着の胸の辺りにとまった。ブーメランのように何度か繰り返し、近くのイタヤカエデに留まった。残念、正面からしか撮れない。でも幸運か、風が枝をあおり、押さえつけ、上から、横から、見える位置に動いてくれた、葉っぱが。ことし羽化して、このあと越冬するのかもしれない。「岐登牛山彩々」にきれいなチョウの画像を掲載できる(きれいな画像ではないよ)。


 チャバネアオカメムシの複眼は赤かったんだと気がついた。でも、赤くないヤツもいると思う。
posted by take_it_easy at 20:37| Comment(0) | 岐登牛山

2009年09月08日

今日の岐登牛山

 あめのちくもりのちはれのち???。+13.4(19時)〜+20.3℃くらい。

 昼前、晴れそうになってきたから、中毒気味に出かけた。お天気は、期待に応えてくれるふうでもなく、折り返して、やっと晴れてきた。
 山道にいたニホンカナヘビは、踏まれそうになっても動かない。だいぶ動きが鈍くなっている。体温が下がったか。かと思うと、フキの葉にいたニホンカナヘビは日光浴の甲斐あってか、わたしの気配を感じると、サッと逃げた。


 下から順繰り咲き上がってきて、まもなく上に抜けそう。ヘラオオバコ。


 温泉の建物の壁にはこの集団がびっしり集まってきている。これは近くのコスモスの花弁の裏側でジッとしていた。マダラナガカメムシ。


 みたところ、この木1本だけ、すごい数の果実をぶら下げている。赤くなった葉には、おびただしい数のキバラヘリカメムシの成虫と幼虫か蝟集している。オオツリバナ。


 私称鯉の池にコイが戻されている。一昨日、ポンプで下の池から水をくみ上げていた。遊水池は水を落とすのだろう。なんで夏の間引っ越させるのか、「何か訳でもあるのでしょうか。」


 笹にいて、わたしに気付いて、落ちた。落ちたところが黄葉の落ち葉のうえ、そこで死んだふり、何が何でも動かないぞ、と決意が固い。駄々をこねているのではありません。シギゾウムシの1種。
posted by take_it_easy at 20:16| Comment(0) | 岐登牛山

2009年09月07日

今日の岐登牛山

 降ったり止んだり。+15.6〜+18.8℃くらい。

 街中からは、見えたり見えなかったり。きょうは遠望だけ。で、雨に当たって踏んだり蹴ったりは免れた。

posted by take_it_easy at 21:14| Comment(2) | 東川歳時記

2009年09月06日

今日の岐登牛山

 ほぼくもり一時晴。+15.0〜+22.7℃くらい。

 麓の家族旅行村では「くらしたのしくフェスティバル」が開催されていて、大変賑やかだった。


 キトウシ温泉の軒下ではコスモスが咲いていて、そこでオオモンシロチョウが吸蜜。


 明るいところをふらふら飛んでいたら、なにかに急に拉致された。
 木を突っついていたら、視界に何かが入ったから、おもわすフライイングキャッチしたんだ。


 翅を引きちぎられて、だんだんと気が遠くなってきた。
 翅は美味しくないから要らん。


 ああ、なんだか暗くなってきた。
 うめえ。


 出店がいっぱい、クルマもいっぱい。
posted by take_it_easy at 19:54| Comment(2) | 岐登牛山

2009年09月05日

オプタテシケ:ピーカンの(つづき)

 あめのちくもり一時強雨のちはれ。+14.8〜+19.3℃くらい。

 きようはあまりよいお天気になりそうもないから、沈殿。一昨昨日のオプタテシケ行の画像を羅列。


 チングルマがひと叢、ふた叢。


 ウサギギクかエゾウサギギク。さて、どっち?


 なるほど石垣山。


 美瑛富士避難小屋を俯瞰する、石垣山への途中から。このあたり、ナキウサギがチョロチョロ小走り。


 美瑛富士を回り込んで、美瑛岳との鞍部に向かう道、石垣山の肩辺りから。


 ベベツ岳への途中から振り返る、石垣山は低くなり、美瑛岳が覆い被さるよう。


 ベベツを越えて、オプタテとの鞍部に下る。


 オプタテへの最後の登りに向かう。


 ミドリヒョウモン♀がこんな所にも。こんな所とはベベツと石垣山との間の稜線。


 一段咲きのヨツバシオガマ。二段目はこれから。
posted by take_it_easy at 20:26| Comment(2) | 大雪山以外の山

2009年09月04日

今日の岐登牛山

 ほぼくもり。+10.0〜+21.0℃くらい。

 トリたちの団体行動になんどか遭遇。若者達は怖いもの知らずか、周りが見えないのか、すぐ近くまで来る。お天気がよければすばらしい画像を撮れるのに、たぶん、だが、くもり。


 オニグルミの木に駆け上り、実を落とす。パラパラと実は落ちる。駆け下りてきて実を探して、見つけて、咥えて、その場で齧る。その音を聞きつけてか、どこかから別のヤツが駆け寄ってきて、実を見つけて、近くの木の根元に行って、実を齧る。わたしに気付くと、あわてて木によじ登る。怖いし、食べたいし、で、警戒しながら実を齧る、半端な姿勢になってしまう、ようだ。


 生木の倒木。オオバボダイジュのちょっと細めの木がポッキリと折れている。


 ヤマウルシの実を食べる。口の中はかぶれないのだろうか。コゲラ。


 水田のイネは急激に色付いてきている。稲穂は垂れるだろうか。


 キビタキ、数羽が行動を共にしていた。♂も。


 コウチュウをゲットしたゴジュウカラ。


 アザミオオハムシがフキの葉っぱで屯。
posted by take_it_easy at 20:26| Comment(0) | 岐登牛山

2009年09月03日

今日の岐登牛山

 快晴。+10.8〜+25.9℃くらい。

 すばらしいお天気。風は爽やか。爽やかな風には秋の気配が込められている。


 ツリバナの実にわずかに赤みが差す。


 展望閣への出口付近に数本あるハウチワカエデ、いちまいいちまいの葉にもアイデンティティーがあるかのように色付きはじめる。


 これも。


 稲積神社神殿跡小ピークから十勝岳連峰がよく見えた。


 ツリバナの次はオオツリバナ、そこにはキバラヘリカメムシの成虫と幼虫の団体。


 このキハダ?1本だけ、ほとんどの葉が褐変している。黄葉せずに落ちてしまいそう。
posted by take_it_easy at 19:58| Comment(2) | 岐登牛山