2009年07月28日

今日の岐登牛山

 くもり一時雨のち晴のち雨。+18.5〜+22.6℃くらい。

 下りてきたら雨が降り始めた。セーフ。
 稲積神社神殿跡小ピークへの登り口で作業をしていた人にうかがった。最終点検をしている、と。合点がいかなかったが、合点がいった。写真甲子園が今日から始まっており、その撮影対象になるので、それにあわせていろいろと整備していたようだ。さて、わかわかしい視点でどんな撮りようをするのか、注目しよう。


 アメリカオニアザミとコキマダラセセリ。キャンプ場の入り口近く。


 ここはキャンプ場、ヤママユ(多分)もちいさなドームテントを張っている。


 キャンプ場を奥にでたところ。キンケクチブトゾウムシがいた。後翅がないので飛べないのに、どこからどうやって来たのだろうか。単為生殖をするらしいから、1頭しかいなくても増殖できる。幼虫も成虫も寄主範囲が広いから、岐登牛山でもやっていけそう。ただ、成虫での越冬が可能かどうか、温室ならばこそなのだとすれば、そう気にすることもないのかもしれないが、わからん。シクラメンのような鉢物で拡がっていたはずで、山地にはいないだろうと思われた。どうやってここに来たんだ?


 上から落っこちてきて、ここにひっかかっている。ハイイロヒョウタンゾウムシ。


 暗いところのノリウツギ。
 

 旭川市方面を展望す。スキー場中腹から。


 何かが齧った、やはり王様の味わいだったか、タマゴタケ。
posted by take_it_easy at 20:19| Comment(0) | 岐登牛山