2009年07月18日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+12.8〜+21.0℃くらい。

 雨が降り出す前に小一時間の山行に出かけた。


 ヤマゲラの舌を撮った。いや、写ってた。若鳥か。
 

 道を歩いていると、なんか強い香りが漂ってくる。トクホンだとかサロンパスだとかのような、いやちがうか、ハッカのような、いやちがうか、オオバボダイジュの花の香りか。


 なんとなく納得する名前、モノサシトンボ。胸になんかの卵をくっつけて(られて?)いる。


 オオモンシロチョウ、クサフジで吸蜜する。


 たぶんドクゼリ。キャンプ場内にある小池で繁茂している。実がなるとちょっとまずいのではないかなあ。小さい子が手にとって、間違って、ということがないとも限らない。しっかり同定して、もしドクゼリなら、早めに抜いてしまったらいいかもよ。


 そのドクゼリにいたアカスジカメムシ。クロスジカメムシではない、というのがおもしろい、こともないか。地色(スタンダード)はアカかクロか。腹側をみると、赤地に黒の斑点があるように見える。黒地に赤の網目があるようには見えない。で、クロスジのように思うけど、なんか訳があるんだろう、どんな?
posted by take_it_easy at 21:14| Comment(2) | 岐登牛山