2009年07月17日

北鎮岳、比布岳、安足間岳周遊 その1

 山上は晴れ、ときどきはガス。日差しの割には爽やか。が、油断していたら、手の甲がひりひり。

 けさ、起きるまでは、美瑛富士避難小屋経由でオプタテシケに日帰りしようと思っていた。朝4時の全国ニュースでトムラでひとり、美瑛でひとりが亡くなったと報じていた。美瑛の遺体は避難小屋に安置されているという。もう救助隊がこのコースに入っているだろうから邪魔になるだけ。で、近場に変えた。
 帰ってきてTVを見るとたいへん騒いでいるではないか。トムラでは、なんと9人もの方が亡くなっていた。なんで? 報道によると、旭岳から入って、3日で新得側に下りる、予備日なし。お天気は、1日目はまあまあ、2日目はよろしくなかったはず、で、3日目。これだけ歩けば、2日目でそうとう応えていたのではなかろうか。


 中岳あたりからみたきょうのトムラウシとトムラウシへの稜線。

 美瑛は入山1日目の出来事のようだ。3日間4日間の予定だったようだが、どんな計画だったんだろうか。
 あらためて自分の装備と心構えを考え直してみる。慣れた山に、いいお天気をねらって、だからか、まあ破綻していないから、まあまあか。

 で、きょうは、姿見から裾合い平、中岳、北鎮岳、比布岳、安足間岳、当麻乗越を経由して、姿見に戻った。距離だけ、オプタテ行と同じくらい。標高差はだいぶ少ない。これでばてたらオプタテ日帰りは出来ない。


 噴煙に旭が入る。
 

 夫婦池の残雪。


 安足間岳〜当麻岳、あと数時間後、あの稜線を通る。


 裾合い平への途中、チングルマ群落。うわさの通り、裾合い平東方の大群落は見当たらず。


 十勝連峰。あそこでもひとり。合掌。


 まずは北鎮岳へ。


 キジバト。エゾライチョウのように、こちらをちらちら見ながら山道を先行する。


 アラコガネコメツキ。緑に輝く。


 エゾノリュウキンカ、中岳温泉近く。


 中岳温泉を俯瞰する。きょうはここまで。明日明後日、天気が芳しくなさそう、blogネタを残さなくっちゃ。
posted by take_it_easy at 22:49| Comment(2) | 大雪山