2009年07月14日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+15.0〜+24.4℃くらい。

 南端展望台で、展望を遮る写真1枚の補強をしていた。強風で倒されるようで、そのときには補強するのだそうな。うしろは崖、風向きによれば飛んでいって、どこかの民家か走行中のクルマにぶち当たるのではないかと心配になった。風の威力をなめてはいけない。


 ひらひらと飛ぶオオヒカゲが留まったのはガードロープの鉄柱だった。ことしは毛虫が多いのではないか、とは、きょう出会った人の言。


 ナントカゾウムシ。体長7mmくらいか。ササの葉が弾くので、水滴をひきずって歩いている。水滴から脱出できないように見える。好んでここにいるのかもしれないけど。


 花数が多いから、なんだろうかとおもった。複数の図鑑によるとクルマユリの花数は1〜5個、まあ、クルマユリも図鑑に縛られて生きているわけではないけど。


 ヤナギラン


 夏になるとホタルの話題が新聞紙上をにぎわす。でも、それはヒカルヤツ。なんかひいきしてるなあ、光らないホタルだって自然界の一員なんだけど、と、ぼやきがきこえそう、いや、ヒカルヤツも大変だね、と黙々としているか、オバボタル。


 これがほんとうにタマゴタケという種類だとしたら、食用になるそうだ。
 これがほんとうにタマゴタケという種類だとしたら、欧米ではキノコの王様といわれるそうだ。
 これがほんとうにタマゴタケという種類だとしたら。
posted by take_it_easy at 20:41| Comment(4) | 岐登牛山