2009年07月12日

第29回全日本サマージャンプ朝日大会 3/4

成年の部

 昨季WCで1勝し、この大会の連覇をねらう湯本選手、復活を期す船木選手が参加。一線級が参加してくれるのはうれしいことだ。

1.船木 和喜 (FIT SKI)        61.5m  59.0m  227.7pts
2.長南  翼 (日本大学)        59.5m  56.0m  213.7
3.湯本 史寿 (東京美装グループ)  57.5m  57.0m  211.3
4.鈴木  翔 (旭川大学)        59.0m  54.5m  207.9
5.小山内佳彦(東京美装グループ)  57.5m  55.0m  205.5
6.遠藤 秀治 (清光社スキークラブ)  56.0m  53.0m  195.1


 船木選手と湯本選手の間に入った長南選手、一時のスランプを脱したかな。
 

 1.船木選手。往年の飛型が蘇る。このスタイルで勝負だ。


 2.長南選手。左に流れるクセがだいぶ矯正されたようだね。


 3.湯本選手。連覇成らず。2本目の巻き返しはさすが。


 4.鈴木選手。成年の部デビュー戦。


 5.小山内選手。去年辺りから結果が付いてきている。


 6.遠藤選手。去年の活躍を続けよう。


 久しぶりの優勝。ほんとに嬉しそうだった。今年はいよいよ復活か。
posted by take_it_easy at 22:46| Comment(0) | スキージャンプ

第29回全日本サマージャンプ朝日大会 4/4

点描


 きょうの朝日三望台シャンツェ。右のミディアムヒルが今日の舞台。


 上の画像の右上、高台から見たスタート地点。女子組進行中。アプローチしているのは高梨沙羅選手。


 同じ高台から見下ろしたランディングバーン。飛行中は金井理恵子選手。


 ブレーキングトラックにいるのは渡瀬あゆみ選手。


 応援するノイズチームの面々と、熱心なファンの人達。


 ブレーキを掛けると水しぶきが上がる。スキーは上手いんだろうなあ、葛西賀子選手。


 よかったねと声を掛けると、ずいぶん久しぶりの優勝だから、と、話されていた、感極まる風情のご婦人。いつもどこででも船木の応援。


 閉会式。

 ジャンプ観戦はたのし。できないとわかっているからなおたのし。来週末からの朝日と名寄の連戦、観戦料無料、朝日はかき氷、名寄は冷や麦や飲み物など、無料。
posted by take_it_easy at 22:43| Comment(0) | スキージャンプ

2009年07月11日

今日の岐登牛山

 くもり。+10.0〜+18.0℃くらい。

 いつもとペースを変えて、スキー場管理道路をゆっくり歩いてみた。いつもはスルーしていたナントカヤナギの若木の葉っぱにもいろいろなムシが付いていた。初見のムシも幾種類か。ほとんど種名を決めつけられない。


 去年はすぐになくなった、今年はどうだろうか。道端のクルマユリ。


 キャンプ場のトモエソウ。この画像ではすごくでっかく見える。背丈が伸びて、上からの撮影不可だった。


 いつもチェックのウメガサソウ。草刈りの難を免れた。


 ノシメトンボが出始めていた。まだ世間慣れしていないのか、草の影でひっそりと。


 ズグロアラメハムシ? ナントカヤナギの葉っぱを食べていた。


 ハギツツハムシ? 体長4mmくらいの小さいヤツ。ハムシの顔というより、スズメバチの顔みたい。近づいてファインダーを覗いて、一瞬ぎくりとした。


 イチヤクソウが咲き始め。
posted by take_it_easy at 21:07| Comment(0) | 岐登牛山

2009年07月09日

今日の岐登牛山

 くもり。+16.6〜+25.1℃くらい。

 きょうのくもりは暗いくもり。とくに展望閣までの林間はほの暗かった。


 オニグルミの若い木の若い木の葉の上。♀はひたすら食べる、♂にはしたいようにさせておく。クルミハムシ。


 おっ、耳毛もさわやかになったね、巣材を今日のねぐらに運んでる。しっぽは暑くないかい。


 咲き始めていた、アクシバ。


 飛び立つミヤマクワガタ♀


 これは何? 昨日の大雨に打たれているが、なお、ボリュームがある。
posted by take_it_easy at 19:57| Comment(2) | 岐登牛山

2009年07月08日

強い雨

 強い雨が終日。+17.8〜+20.0℃くらい。+20.0℃を記録したのは夜中の1時。

 きょうは久しぶりに朝から本気の雨降り。一日で50mm近く降ったらしい。
 姿見に人を案内するとおっしゃっていた方、強行なさったのかな。それぞれに風情があるから、強い雨の中でもいい感じなんだろうけど。

 昨日書き忘れたこと、白銀荘で聞いたこと。
 上ホロカメットクで、ストックが2本残されていて、それをいぶかしく思った登山者が警察に連絡したと。帰り道、美瑛方面からの警察バスと出会い、空にはヘリが飛んでいた。報道によれば、安政火口で大きな落石があった、ストックはあった、巻き込まれた人はいなかった、とか。ストックの怪はのこるが、大事故にならなくてよかった。


上ホロから安政火口を見下ろす。20060812


 岐登牛山の稲積神社神殿跡小ピークの頂上近く、日当たりのいいところ、目立つところに、1羽のベニヒワの全身写真が置かれている。かんかん照りの暑い日も。
 「切り取った自然をもう一度自然の中に返してみた。」のだそうだが、ホントかい。この返し方はかわいそうだぜ、いや、「自然」なのではなく写真だから可能なんだよ。でも、とけ込んでいるとの評判もあるよ。「自然」と「自然」がごちゃ混ぜになってるからなあ。あの写真を見て、季節感をまちがう人もいらっしゃるかもしれないなあ。まあな。にしても、あつっくるしいなあ。
posted by take_it_easy at 21:44| Comment(0) | 東川歳時記

2009年07月07日

美瑛富士のほうまで

 はれ、山上は暑かった。アメダス東川によれば、+14.4から+29.5℃。やはり暑かったようだ。

 白銀荘からオプタテシケを日帰りしてみたい。そんな無茶な、いや、健脚家なら行けるみたい。わたしは健脚家ではなくなっているからいまのところ無理だけど、ちょっと様子見のつもりで、出かけてみた。歩き始めが7時、もうその時点で断念したようなもの、美瑛富士と美瑛岳との鞍部まで行ければいいか。
 で、結局は、鞍部が見えるところまで。ここまで3時間もかかってしまった。幸いにも、ちょうど空では、黒い雲が頂を覆ってきた。ポンピ沢のあたりでは、ピーカンになっていたのだけど。
 大失敗をしてしまった。タオルを落としてしまったのだ。沢水で顔を洗おうとして、ないのに気付いた。それからはやたらと汗を拭きたくなり、幾本もの沢では顔を洗いたくなった。


 旭岳と比布岳、安足間岳、次回はあそこを歩こう。


 十勝岳と美瑛岳との分岐あたりにいたヒバリ。


 ノゴマ、姿はよく見るが、いつも逆光。きっと、あいつらには順光で、邪魔っけなニンゲンを監視できるのだろう。


 イワツバメがたくさん。


 エゾツガザクラがいっぱい。


 エゾコザクラもいっぱい。


 イワヒゲもいっぱい。


 ついにオモテを撮った。「ヤマ」キマダラヒカゲだ、というウラを取った。


 望岳台に下る道と別れ、白銀荘への道へ、これがけっこうきつく感じた。


 新築された十勝岳避難小屋。先代には大変お世話になった。
posted by take_it_easy at 21:22| Comment(2) | 大雪山以外の山

2009年07月06日

今日の岐登牛山

 朝のうちくもりのちはれ。+15.7〜+26.3℃くらい。

 そろそろアクシバが咲いていそうかな、と、稲積神社神殿跡小ピークに。つぼみはふくらんで、先に紅を差している。まもなく咲きそう。


 

 背の高いヒメジョオンの上の方の葉に留まっていたから、背伸びして撮った。そして、そろっと茎を引き寄せたら、敏感、飛んで行っちゃった。キクスイカミキリ。胸部背面に赤い斑があり、かろうじて写っている、ように見たい。


 アオイトトンボ♂、多分。そっくりさんがいるそうで、生殖器の形状が見分けるポイントなんだそうな。こんど見かけたら、もっと近づいて撮ってみよう。


 この種の死体は時々見かける。半日絶食すると死んでしまう、キツネも寄りつかない、とか。生きているヤツを見たいけど、難しそうだ。エゾトガリネズミ。


 イチヤクソウにスポットライト、これはまだつぼみだから、リハーサルか。
posted by take_it_easy at 18:43| Comment(2) | 岐登牛山