2009年07月26日

サンピラー国体記念第7回サマージャンプ大会(3/4)

 成年の部


 伊東大貴選手

1.伊東大貴(雪印乳業)        98.0m 96.5m  262.0pts
2.葛西紀明(土屋ホーム)       96.0m 95.0m  250.5
3.加藤大平(サッポロノルディック)  94.0m 93.0m  243.0
4.竹内  択(北野建設)        90.0m 93.5m  236.0
5.湯本史寿(東京美装)        85.0m 92.5m  223.0
6.山田大起(長野市スキークラブ)  91.0m 86.0m  219.5

 きょうは伊東大貴の日になった。もちろん1本目の最長不倒もすごかったが、2本目、葛西選手に迫られても、さらに凌駕する強さ。去年まで、表彰台に登るとき、意図して気持ちを盛り上げようと、多少のおふざけをしていたが、きょうは悠々であった。すごくたのしみだ。
 ベテラン岡部選手(9位)は1本目、ひとりだけ風が変わったように見えた。2本目はさすが。復活基調の船木選手は栃本選手とともに11位、東選手は失速、2本目に進めず、もう一頑張りしてほしいなあ。




 伊東選手


 葛西選手


 加藤選手、コンバインドに弾みがつきそう。


 竹内選手


 湯本選手


 山田選手


 最長不倒の着地

posted by take_it_easy at 22:34| Comment(0) | スキージャンプ

サンピラー国体記念第7回サマージャンプ大会(4/4)

 着地特集


 岩渕香里選手(81.0m)


 高梨沙羅選手(84.0m)


 渡瀬あゆみ選手(87.0m)


 渡部義斗選手(94.0m、少年の部の最長不倒)


 岡部孝信選手(89.0m)


 船木和喜選手(86.0m)


 高橋大斗選手(89.0m 86.0m)


 竹内 択選手(90.0m)


 加藤大平選手(94.0m)

posted by take_it_easy at 22:32| Comment(0) | スキージャンプ

2009年07月25日

第13回全日本ジュニア・レディースサマージャンプ朝日大会(1/4)

 朝日三望台シャンツェで行われた第13回全日本ジュニア・レディースサマージャンプ朝日大会を観戦。
 小学生(スモールヒル、HS=45m、K=40m)、女子(中学生以上、ミディアムヒル、HS=68m、K=60m)、中学生の3部門が行われた。

小学生の部        リザルトは朝日スキー連盟のHPで。

 第1位 伊藤 将充 (下川ジャンプ少年団)
 第2位 岩佐 勇研 (札幌ジャンプ少年団)
 第3位 佐藤 慧一 (下川ジャンプ少年団)
 第4位 尾形 優也 (札幌ジャンプ少年団)
 第5位 伝田 英郁 (長野菅平小学校)
 第6位 栗田 力樹 (長野白馬北小学校)

 将来の一線級が勢揃い。伊藤選手が強い。岩佐選手も順当か。佐藤選手はノーマークだった。伊藤選手はちっちゃいときから競技を続けているが、佐藤選手は3年目くらいなのだとか。昨日のコンバインドでは伊藤選手より上位に入ったようだ。楽しみな選手が視界に入ってきた。




 伊藤選手


 岩佐選手


 佐藤選手


 尾形選手


 伝田選手

 さらに将来を担う選手達。果敢に挑む。

 宮町日奈子選手(札幌ジャンプ少年団)、今日は24位/26人だった。


 五十嵐彩佳選手(福島県スキー連盟)、23/26。


 佐藤龍希選手(上川ジャンプ少年団)、26/26。


 黒川 龍選手(余市ジャンプ少年団)、21/26。
posted by take_it_easy at 22:18| Comment(0) | スキージャンプ

第13回全日本ジュニア・レディースサマージャンプ朝日大会(2/4)

 女子の部        リザルトは朝日スキー連盟のHPで。

 第1位 渡瀬 あゆみ (神戸クリニック)
 第2位 岩渕 香里 (長野飯山高校)
 第3位 高梨 沙羅 (上川ジャンプ少年団)
 第4位 金井 理恵子 (北野建設)
 第5位 葛西 賀子 (日本空調サービス)
 第5位 小浅 星子 (神戸クリニック)

 2位に入った岩渕選手、リブナンバーは31、女子の部の1番。通常、大きくなるほどランクは上位になる。で、試技は何となく見ていた。最初に飛んでくるのが31番。えっ、初心者のジャンプじゃないぞこれは。で、1本目は1位。2本飛んで、堂々の2位。これでやっと思い出した。2月の全日本選手権ノーマルヒルで1位になり、けれども県予選を通過していなかったから、全日本への出場資格はないために幻に終わった選手だ。そんなの知らなかった、らしい。地方紙の冠大会を兼ねていたのでそちらでの表彰はあった模様。全日本の合宿にもいたようで、忘れているのが失礼に値する選手だった。北海道での大会は出ていたんだったろうか、ちょっと記憶があやしい。




 渡瀬選手


 岩渕選手


 高梨選手


 金井選手


 葛西選手


 小浅選手、久しぶりの入賞


 伊藤選手の助走
 

 順番待ちの三態


 渡瀬選手の2本目のサッツ
posted by take_it_easy at 22:17| Comment(0) | スキージャンプ

第13回全日本ジュニア・レディースサマージャンプ朝日大会(3/4)

 中学生の部        リザルトは朝日スキー連盟のHPで。

 第1位 佐藤 幸椰 (札幌ジャンプ少年団)
 第2位 堀米 翔大 (長野県山ノ内中学校)
 第3位 渡辺 知也 (下川ジャンプ少年団)
 第4位 馬淵  点 (秋田鹿角ジャンプ少年団)
 第5位 神島 実孟 (青森県金木南中学校)
 第6位 瀬川  友 (下川ジャンプ少年団)

 上位3人は順当か。内地の選手達をあまり見ていないので、ほとんどノーマーク。北海道勢と十分対等に戦えるようだ。


 佐藤選手と堀米選手との身長差に注目。


 佐藤選手


 堀米選手


 渡辺選手


 馬淵選手


 神島選手


 瀬川選手


 情野(せいの)匡紀選手(山形米沢三中学校、22/52)の1本目のサッツ。ちょっと遅れた?


 シャンツェを俯瞰、飛躍は桃木昴太選手(秋田鹿角ジャンプ少年団、51/52)


 団体戦に向かう米田啓拳選手(岩手松尾中学校、31/52)
posted by take_it_easy at 22:15| Comment(0) | スキージャンプ

第13回全日本ジュニア・レディースサマージャンプ朝日大会(4/4)

 番外編


 雨が降りそうで降らなかった。雲がすぐそこまで下りていた。


 女子の部、1位になった人。今日はなんか細工がある。


 2位になった人。よくおぼえておこう。
 

 3位になったひと。連戦表彰台、すっかり慣れた様子。


 4位、5位のアラサーのひとたち。なぜか、ピントが合わない。向かって左の人は今夏の海外派遣選手に選ばれたそうだ、未確認情報。他には渡瀬、伊藤、高梨の各選手だとか。これまた未確認情報。


 どなたの道具かは確認せず。


 岩渕選手の試技の様子。


 高梨選手の試技の様子。おなかに空気をため込むスタイル。

中学生の部がおわって、恒例の団体戦が行われた。委細は省略。
表彰式の最後に、これまた恒例の抽選会、あるスポンサーさんからジャンプスーツのプレゼントがある。1本だけ。当たった選手は大喜び。
posted by take_it_easy at 22:14| Comment(2) | スキージャンプ

2009年07月24日

旭山越え

 くもりのちはれ(雲量多)。+16.4〜+26.4℃くらい。蒸し暑かった。

 きょうのタイトル、「天城越え」をもじって「旭越え」にしようと思ったが、旭岳を越えたかのようにも読めるので、「旭山越え」にした。
 舗装道路をちんたら歩いて、倉沼神社ウラから林道に入り、旭山を越え、動物園東門から動物園を通り抜けて、また舗装道路をちんたら歩いて帰ってきた。


 林道に入ってすぐ。道はぬかるみ、わだちには水が溜まっている。


 上から落ちてきて、じっと身を潜めていた。こちらが動くと視線をこちらに向ける。キビタキのこっこ、多分。


 ヨツスジハナカミキリがクリオネのような動きで花の周りを回り、とまる。エゾノヨロイグサで。


 キンミズヒキ。


 この先頂上。岐登牛山の荒れようからみると、旭山ははるかにしっとり感がある。


 正面から見ると、愛嬌のある顔をしている。横顔だってそうよ、との声もあろう。おかあさんキリン。


 写真展の道沿いにウッドチップがほぼ敷き詰められた。なんのためか、よくは解らないが、ちょっと残念。
posted by take_it_easy at 20:57| Comment(0) | 東川近郊の低山