2009年06月10日

今日の岐登牛山

 はれ。+10.1〜+23.1℃くらい。

 区別しにくいチョウやトンボが飛び交うようになってきた。飛び交うだけなら見て見ぬふりをするのだが、目の前に留まるからついカメラを向けてしまう。たいてい初めての種類のような気がするのだけれど、たしかめると、たいていは記録済み、こんなことが度重なっている。


 初夏らしい風情のシラカバ林。この中も一筋縄ではいかない生き物の生業がある。いろんなムシもいろんな植物もいる、というだけのことだけど。


 ミツバウツギ。この白は白じゃないような気がする、まっしろ。


 ツリバナ。


 シロオビヒメヒカゲ、白帯の幅が広いほうの亜種だと思う。たくさんいる。留まるとなぜか横に傾くクセ?がある。


 葉っぱのウラの脈上に毛のような突起がいっぱいあるから、オニツルウメモドキというそうだ。


 サトかヤマか、やっぱりわからん。サトかヤマかキマダラヒカゲ。いちどオモテを見てみたい。採らずに。


 エゾイトトンボ、上が♂、下が♀。
posted by take_it_easy at 21:07| Comment(0) | 岐登牛山