2009年05月30日

今日の岐登牛山

 晴れ。+8.8〜+20.4℃くらい。

 稲積神社神殿跡小ピーク東側の急傾斜の道が階段になっていた。立派な材木を2本のアングルで留めてある。しっかりした階段になっている。ここで滑ってアングルの角に頭でも打ち付けたら痛いだろうな、とかおもいながら登っていたので、段数を数えるのも、写真に撮るのも忘れた。材木ってのは濡れていると滑りやすいからね。せめてアングルのカドは落として欲しいなあ。
 そんなニンゲン界の動きにもめげず、生き延びている生き物たちは生きている(あたりまえ)。


 「落文」の完成。


 スキー場の芝桜の上をヒメウスバシロチョウが飛び交っている。
 

 ヤマウルシの新葉展開。


 ヒメギフチョウの幼虫は10個体揃っている。


 ユキザサとナントカアリ。


 ナントカガガンボが池に着陸、すぐにナントカアメンボが滑り寄ってきた。ナントカガガンボはアメンボのように脚で水面に浮かんでいたようで、すぐさま飛び立った。
posted by take_it_easy at 20:29| Comment(0) | 岐登牛山