2009年05月21日

今日の岐登牛山

 快晴。+4.4〜+27.2℃くらい。大雪山〜十勝岳連峰はゼブラ模様がくっきりしてきた。

 エゾハルゼミがうるさくなっている。樹の花もどんどん咲いてくる。帰化植物達が水を得たように拡がっている。


 穂が青いので拡大してみた。小穂がつくはずのところがムカゴのようになって、そこから芽が出ている。ムカゴイチゴツナギというらしい。北海道ブルーリストによると、定着しているのは北海道ではまだ数カ所のようだ。


 タチイヌノフグリ


 オオツリバナ、多分。図鑑には、オオツリバナの花や実は5数性、5数性だが4数性も混じるとか、数種の記載がある。この樹は去年の秋には、オオツリバナのような実をぶら下げていた。多分オオツリバナなんだろうと思う、4数性が多いけれども。


 ウスバシロチョウ、黄色いところがあるから、多分、が優雅に舞い始めた。この♀は交尾板を付けていた。この♂は無理無体を仕掛けているわけだ。


 オオコブオトシブミがオヒョウの上で作業中。


 チゴハヤブサ、カラスの死体から飛び上がった。


 ヤマゲラ♀、地面を突っつくのも好む。
posted by take_it_easy at 18:39| Comment(0) | 岐登牛山