2009年05月09日

今日の岐登牛山:コウチュウ三昧

 晴れのちくもり。+2.8〜+22.5℃くらい。うららか、倦怠。

 ちいさなコウチュウ達がササの葉や萌え出た若葉にお出ましだ。それぞれ種の個性を持っているにちがいない、せめて見た目だけでも知りたいものだ。だけれども、なかでもちいさなハムシたちは、葉とともに、ささやかな風にも大きく揺れて、その見た目の個性を写し撮ることを許してくれない。許してくれるくれないなんて、もちろんハムシたちには知ったこっちゃないのだけれど、写し撮らないことには、図鑑との首っ引きも叶わぬ身なれば、(収拾がつかなくなってきた、)名指しを決めつけることも出来ず、岐登牛山で見た生き物リスト(「岐登牛山彩々」にあり)にも追加できず、このblogで自慢することも出来ない。


 体長5mmくらい、アトボシハムシ。これくらいはっきりした模様があれば、図鑑と一致できるのだけどなあ。


 体長5〜6mmくらい。1mmちがうとけっこう大きさは違うように見える、それくらい違うヤツがいる。これくらいはっきりした色合いがあれば、図鑑と一致できるのだけどなあ。


 スキー場リフト降り場付近から。展望閣周辺は桜が満開。


 まるで交通事故にあったみたい。生き抜くのも大変だね。で、お名前は? ハンノキハムシというヤツのような気がするけど、ルリハムシというヤツなのかもしれないし、まるで別の種かもしれないし。ササの茎頂で。体長7mmほど。


 キスジトラカミキリというのに似ているが、(キスジトラカミキリと呼ばれるヤツもいる、)ここに写っている黄色い模様がだいぶ細く、なんとなく違う種類のような気がする。ナントカキスジトラカミキリというヤツかもしれない。これくらいはっきりした模様があるのに、わが図鑑には一致できるヤツはいないなあ。webでも見つからないし、探し方が足らん? 体長15mmくらい。オオバナノエンレイソウの花にいた。ハムシじゃないことは確からしい。
posted by take_it_easy at 20:27| Comment(0) | 岐登牛山