2009年05月10日

今日の岐登牛山

 晴れのち快晴、のち晴れ。+8.1〜+18.4℃くらい。

 いろいろな行事があったようで、山の麓は賑わっていた。


 キャンプ場にも新緑が訪れた。ことしもカラスに警戒されるのだろうか。


 イタヤカエデの若芽がウマイ。


 ルイヨウショウマが咲き始め。


 チシマアザミが伸びてきて、葉を食べるムシが葉を食べている。エゾアザミテントウ。


 アオカメノコハムシ。


 オクエゾサイシンの葉を裏返したら、真珠のような光沢のある、淡い卵色の卵塊があった。ヒメギフチョウが産んだもの。


 なんかムシをくわえてウロウロしていた。すぐ近くにアカゲラの♂がいたけど、気になった? オオアカゲラ♀
posted by take_it_easy at 18:22| Comment(0) | 岐登牛山

2009年05月09日

今日の岐登牛山:コウチュウ三昧

 晴れのちくもり。+2.8〜+22.5℃くらい。うららか、倦怠。

 ちいさなコウチュウ達がササの葉や萌え出た若葉にお出ましだ。それぞれ種の個性を持っているにちがいない、せめて見た目だけでも知りたいものだ。だけれども、なかでもちいさなハムシたちは、葉とともに、ささやかな風にも大きく揺れて、その見た目の個性を写し撮ることを許してくれない。許してくれるくれないなんて、もちろんハムシたちには知ったこっちゃないのだけれど、写し撮らないことには、図鑑との首っ引きも叶わぬ身なれば、(収拾がつかなくなってきた、)名指しを決めつけることも出来ず、岐登牛山で見た生き物リスト(「岐登牛山彩々」にあり)にも追加できず、このblogで自慢することも出来ない。


 体長5mmくらい、アトボシハムシ。これくらいはっきりした模様があれば、図鑑と一致できるのだけどなあ。


 体長5〜6mmくらい。1mmちがうとけっこう大きさは違うように見える、それくらい違うヤツがいる。これくらいはっきりした色合いがあれば、図鑑と一致できるのだけどなあ。


 スキー場リフト降り場付近から。展望閣周辺は桜が満開。


 まるで交通事故にあったみたい。生き抜くのも大変だね。で、お名前は? ハンノキハムシというヤツのような気がするけど、ルリハムシというヤツなのかもしれないし、まるで別の種かもしれないし。ササの茎頂で。体長7mmほど。


 キスジトラカミキリというのに似ているが、(キスジトラカミキリと呼ばれるヤツもいる、)ここに写っている黄色い模様がだいぶ細く、なんとなく違う種類のような気がする。ナントカキスジトラカミキリというヤツかもしれない。これくらいはっきりした模様があるのに、わが図鑑には一致できるヤツはいないなあ。webでも見つからないし、探し方が足らん? 体長15mmくらい。オオバナノエンレイソウの花にいた。ハムシじゃないことは確からしい。
posted by take_it_easy at 20:27| Comment(0) | 岐登牛山

2009年05月08日

今日の岐登牛山

 晴れ。+8.2〜+20.7℃くらい。

 南端展望台への道が拡げられている。なんとなく風情が変わってきた。


 一心不乱に餌探しをしているところに、不意に変なヤツが現れたから、びっくりしたよ。


 カワラヒワ


 ヒトリシズカとは偽りで、賑やかなこと賑やかなこと。


 フデリンドウ、1本であったり、筆立てに集まっていたり。


 これがカブトムシくらいの大きさだったら、人気が出るだろうか。体長7mmほど。


 ジッジッと、大きな声が近くから聞こえた。ウグイスかと思ったが、ちっちゃくて、尾っぽが短くて、ウグイスじゃなかった。ヤブサメ、多分。


 ほとんどの水田に水が入った。南端展望台から。


 安山岩の露頭を占領するエゾキケマン。
posted by take_it_easy at 21:36| Comment(2) | 岐登牛山

2009年05月07日

旭山横断

 晴れ。+5.8〜+26.5℃くらい。夏日。

 動物園とは反対側の倉沼神社から林道を辿り、旭山へ、スキー場をおりて動物園へ、新設の「エゾシカの森」のエゾシカは日陰で寝そべっていた、西口から出て、88ヶ所を巡るコースから動物園ウラの林道におり、山頂方面へ、行き止まりのすぐ先で沢状に付けられた古い道の跡をたどり、道はだいぶ崩壊していた、途中ザゼンソウがたくさんあった、多分地形図にある道から、火葬場の裏に出、道のような感じの所を辿れば、オクエゾサイシンが群落を作っている場所があり、けっきょく、最初に歩いた林道に出て、めでたく倉沼神社に帰着。句点のない文に挑戦してみましたが、如何。


 登りに使った林道、ところどころにエゾヤマザクラのぼんやりした姿があった。ヒメギフチョウが飛んでいた、飛び交うほどではないが、多分複数。
 昨年度の動物園パスポート(科学館と共通)の図案はカタクリとヒメギフチョウだった。


 スキー場上部から北の展望


 旭山南西面
posted by take_it_easy at 20:40| Comment(0) | 東川近郊の低山

2009年05月06日

今日の岐登牛山:お花見

 晴れ。+1.9〜+22.1℃くらい。暑い。

 桜が満開。天気がよく、暖かく、風も穏やかで、エゾヤマザクラの植樹地周辺は大賑わい。


 

 アオジにサクラの花は見えているだろうか。囀りは名調子。


 ウメにウグイス、サクラにヒヨドリ。


 足元にはニリンソウ。


 キクビアオハムシ、光の加減(見る向き)で緑っぽかったり、赤紫(赤茶?)っぽかったり。去年の10月以来のお出まし。
  

 葉っぱの着き方が面白い、オオカメノキ。


 南端展望台への道の脇にはオクエゾサイシンがたくさんある。そこにヒメギフチョウが飛来。チャンス、産卵シーンか。と期待したが、ほどなくササヤブに入ったきり。


 南端展望台の南東側の木立が間引かれ、忠別岳辺りから十勝岳連峰まで見晴らしがよくなった。もう一息で旭岳も。
 途中、ちょっとでも道側にはみ出していた木立は容赦なく切り倒された。枯れ木だけではなく、生木までも。ほんの少しだけ歩きにくかった場所には補修が加えられた。
 なにか、どんどんと人手が入ってくる。山の活用? 里山ブームに乗る? どんなことになるのやら。やりすぎるとつまんなくなるぜよ。
posted by take_it_easy at 20:40| Comment(2) | 岐登牛山

2009年05月05日

今日の岐登牛山

 晴れ。+7.2〜+20.3℃くらい。春風強し。

 岐登牛から市街に向かっては、僅かだけれど登り勾配、向きは南西。今日の強風は南西の風。自転車で行ったのはいいけれど、行きはよいよい、帰りはよれよれ。


 公園入り口のナントカマツの下を歩くと、ポリポリポリと音がする。しめしめしめた。そっと上を見上げると、目の前の枝で食事中。光の具合もいいし、ただ近すぎる、ぜいたくにも。


 犬を連れたニンゲン2匹がここまで来ていた。、エゾリス1頭にしてみれば尋常ではなかったろう。あとできいたところではムクドリにも追い立てられていたらしい。ムクドリのほうは「うるさいねえ」なのだろうが、イヌのほうはこわかったのではなかろうか。(わたしはだいぶはなれていたからね。)


 キャンプ場から見たサクラの植樹地。


 いつも通るキャンプ場出口。あるはずのないところに乗用車が一台。ガードロープを突き抜けてきたようだ。


 昨日の今日、もう見頃。サクラだけじゃなく、山全体が急ぎ足のようだ。


 アオジ。家族旅行村のHPではアオジを2月に目撃とある。見逃した。
posted by take_it_easy at 21:19| Comment(0) | 岐登牛山

2009年05月04日

今日の岐登牛山:カッコウの声

 晴れ。+9.4〜+22.2℃くらい。風は強かったけど、向かって歩いていても、汗ばむ。

 どこかあっちのほうからカッコウの声が聞こえてきた。声のするところに近づくまえに声はしなくなった。道東ではカッコウの声がすると豆を播こうというようにきいた。でもまだ早すぎるべさ。えんどうまめならもう済んだ?
 上から見ると、水田に水が引かれはじめているのがわかる。途中、代かきの済んだ田んぼもあった。育苗ハウスの中は青々としてきた。


 衣替えの最中。セイヨウタンポポが明るい。


 エゾヤマザクラが咲き始めている。この植樹地では、数日を待たずに見頃を迎えるだろう。


 すこし薄い? 色が。


 先日ヒメギフチョウが飛んでいたあたりでオクエゾサイシンが咲いている。少し探してみたが、ヒメギフの卵も見つからなかった。


 シータテハも冬を越して、活発。


 いろんなカメムシが出てきた。カタクリの葉の上にいたトホシカメムシ。鷹揚にゆっくり動いた。


 ササの葉の上にいたセアカツノカメムシ♂ コレはすぐ飛んでいった。
posted by take_it_easy at 18:26| Comment(2) | 岐登牛山