2009年03月09日

今日の岐登牛山

 はれ。おだやか。暑いくらい。−5.6〜+6.7℃くらい。

 きのうはキャンプ場あたりからたくさんの人が入山したようで、スノーシューの跡が縦横に着いていた。
 ツボ足で登ったが、稲積神社神殿跡小ピークで息切れ、引き返した。入れ替わりに、しっかり装備のおふたりが登って行かれた。スノーシューを履き南端展望台までは行きたいと。
 今日の雪なら、ツボ足よりはスキー、スキーよりはスノーシューだとおもった。
 そのお二人は、下の方でクマゲラを見たとか。話には聞くのだが、わたしは未だ邂逅できないでいる。登り始め、とおくでドラミングを聞いたのだが、確信もないし、ツボ足だし、で、確かめなかったが、あれがそうだったのかもしれない。そのかわり、ではないけれど、キバシリがすぐ近くに来た。いつも遠かったり、暗いところだったり、動き回るから、スッキリした写真が撮れていない。きょうはチャンスだった。チャンスだったけど、チャンスははずすもの。まあ、いままでのものよりはましだけど。


 じっとしてれば見つけられない、きっと。動き回るから気付く。


 この角度なら見つけられる。


 捕獲したムシを丸呑み。


 スノーシューのあとを駆け抜ける。脱兎のごとく。


 さて、オオアカゲラのいる林。

 スキージャンプWC第27戦は、風の影響で、ラージヒルからノーマルヒルに変更され、おこなわれた。それでも風に翻弄される進行のようだった。それでも、シュリが優勝、2位はアマンと、ランキングの1位、2位が占めた。日本選手では岡部が9位に食い込んだが、予選トップの葛西も伊東も湯本も栃本も2回目には進めなかったようだ。
posted by take_it_easy at 20:17| Comment(2) | 岐登牛山+スキージャンプ