2009年03月02日

江卸山とキタキツネ

 朝は曇り、午前中は晴れ、午後は曇りのち雪。−11.3〜−3.8℃くらい。

 きょうは江卸山(エオロシ山、標高671.8m、二等三角点があるはず)、東川市街から旭岳方面に向かう道道の延長をながめると、すこし左手にこんもりした丘が見える。それが江卸山。忠別ダムサイトの真北に急傾斜の山があるがそれもおなじ江卸山。
 きょうは西側、緩やかなほうから歩いた。標高差250m弱、距離3km弱。東川市街から旭岳方面に走り、志比内橋の手前で、墓地に向かう道に入り、曲がりまっすぐに進み、除雪終点で駐車。すぐ近くに厩肥場がある。湯気が上がっていた、ついでにかおりも。そこから、広大な雪原(たぶん草地か畑地)を山に向かう。地形図ではなんとなく、緩やかな登りかと思っていたが、最初はごく緩やかな下り。シールをはずすほどでもないと思ってそのまま行ったが、30分くらいかかった、登りにかかるまでに。
 頂上は木立に囲まれて平、忠別岳〜化雲岳方面が開けていて、まあ、いい景色。
 くだり、爽快とはいかないまでも、15分くらいはだらだらと滑り、あの30分くらいはふたたびシールを付けてあるいた、
 雪原には、キツネやネズミらしい足跡多数。遠くにキタキツネ発見。ヤツは気付かないが、ちょっと遠い。まもなく気付いて、駆け出し、もっと遠くに行ってこちらを振り返る。


 歩き始めはこんな様子。山の方は雲が覆っていた。菱形の中途くらいから振り返ると、


 東川市街方面が開けている。


 頂上は平。遠慮がちな頂上標識がコースのど真ん中にあった。


 

 忠別岳方面


 下りてくるころには上空は晴。


 まだ気付いていない。


 気付いて、駆けだして、ずっと遠くまで行って、こちらを振り返った。深い雪の中をよく走る。


 岐登牛山をバックに、キタキツネがいる風景。
posted by take_it_easy at 18:06| Comment(2) | 東川近郊の低山