2009年02月21日

吹雪のあと+ノルディック世界選手権

 くもり、風強し、午後になって晴れ間あり、風も収まる。−8.1〜−3.9℃くらい。
 暗いうちの降雪と明るくなりかけての強風とで、吹き溜まり、夜中に1回、朝に1回の除雪でくたくた。晴れてきて、望見できるスキー場は輝いているが、我が体力は翳っている。で、きょうは休養。


 吹雪のあとの風紋

 だが、日が傾きかけて、この日差しはもったいない、と、出かけた、スキーは置いて。
 だが、ついたころには、日は翳ってきて、鳥たちもそうそういるわけもなく、エゾリスなんて就寝中に決まってるし。


 ヤマゲラはくつろいでるし、


 目立つのはでっかいヤツばかり。カケス(ミヤマカケス)の着陸態勢、尾羽を全開。飛翔を上から撮りたい、模様がきれいなんだそうな。画像処理ソフトでは、上下左右の反転は簡単だけど、表裏の反転はできないんだ。

 夜中に見たノルディック世界選手権女子ジャンプの映像(NHK-BS)、かなり雪が降っていた。ランディングバーンを舐めるような飛行曲線、うわさ(報道)通りに、変わったプロフィールの台だ。これは慣れていないとちょっと大変かもしれない。世界選手権に出てくるような選手には、それくらいの適応力はあるのだろうけれど。ヒルサイズ近くまで飛んだ選手はアメリカの選手だし(いつのまにアメリカ選手がこんな位置にいるんだろう)、渡瀬選手の2本目はすばらしいものだった。山田選手の2本目は、映像を見ていても、何が何だかよく判らんジャンプだった。踏切直後の追い風を抜けることが出来ずに落ちちゃったらしいのだが。渡瀬選手はそこを抜けると向かい風を感じたそうだ。どうやら低いだけに落ちるとすぐで、最後まで粘ることが出来れば飛距離は伸びる(どこでもそうだけど)台のようだ。50〜60mの選手がけっこういたのはそのせいかもしれない。アングルを見慣れていないからかもしれないが、日本での中継画像のほうがはるかにわかりやすい。観客席はまばらだった、写らないところに大勢いた、なんて、ありえないだろう、札幌大会の宮の森のほうがずっと多かった。ヨーロッパでも、女子ジャンプはまだマイナーなんだろうか。団体戦があればなあ。男子は3種目もあるというのに。

 さて、きょうは(日本時間きょうからあすにかけて)男子ノーマルヒル、チェックチェック。日本選手では岡部、葛西、湯本、伊東の4人が出場、栃本は休暇。2年前の札幌大会団体3位のメンバーから湯本と栃本が入れ替わった。栃本は潔いというか淡白というか、本当のところは良くは判らないが、すぐに諦めるように見える、この台には向かないのかもしれない。WC上位常連組がノーマルヒルでどんなジャンプをするのかもたのしみ。
 なんだか、じぶんで、「かもしれない」が気になるコメントになったかもしれないが、ハイクラスの戦いは楽しみ。こちらは睡魔と戦う。
posted by take_it_easy at 18:10| Comment(3) | 岐登牛山+スキージャンプ