2009年02月11日

きょうの岐登牛山

 くもり、またはうすぐもり。−16.4〜−0.2℃くらい。13時(−7.4℃)から14時(−0.2℃)にかけて急激に気温上昇。風も静穏から南の風4mにかわった。大気の境目が通過したようだ。

 スキー場では「第5回キャンモアGSL大会」が行われていた。道央・道北から老若男女(老がいらっしゃったかどうかは確認せず)196人もがエントリー。伴走付きのお子さんから、我こそはの本気の選手(がいたかどうかも確認せず)まで、けっこう大掛かりの大会のようだった。エントリー表を眺めていて、思わず噴き出した、「あるていどトンバ」チームというところから2名がエントリー、「あるていどトンバ」を名乗るところを見ると相当の自信あり?
 わたしは大回転なんてスピードの出る滑走はイヤダからチガウ場所に行く。


 競技開始前のコース整備をしているのかな。


 小学生選手(だとおもう)もいっちょまえの格好で滑降。
 

 当方は北面に行った。広葉樹の雑木林。思いっきりの小回りが必要。が、雪は柔らかい。


 ノリウツギ(サビタ)のドライフラワー
 

 ウサギがササの葉を食べていった痕。
posted by take_it_easy at 17:23| Comment(0) | 岐登牛山