2009年02月06日

きょうは鬼斗牛山と(2/2)

 鬼斗牛山からの帰り、旭川市永山地区の最高峰、射的山(標高171m、ふもとからの標高差16m、歩行距離250m)に立ち寄った。
 スノーシュー一人分のあとがあり、ツボ足でのぼった。開豁。


 南東方向、黒岩山をのぞむ。手前右のおもちのような山が射的山


 頂上付近から見渡すと、石北本線特急オホーツクが走っていた。


 頂上付近の斜面。ツボ足を後悔。滑りたい、登り直す元気はなし。


 有名な「上野ファーム」の裏山だ。


 まだ天気が保っているので、旭山にフクロウを見に行く。

 4回目、前の3回は降雪、曇天、やっと日差しの中で見ることが出来た。2羽とも寝ている。そのうちの1羽が薄目をあけた。


 餌台近くにいたシメ、こわい顔。
posted by take_it_easy at 17:50| Comment(0) | 東川近郊の低山

きょうは鬼斗牛山と(1/2)

 日中は晴れ、アメダス東川の速報では−14.2〜−6.3℃くらい。日差しが強く、暑いくらい。

 きょうの岐登牛山は、授業で混雑するとの張り紙があり、避けた。
 で、もうひとつのキトウシ山へ。旭川東鷹栖市民スキー場から登って、尾根伝いに頂上へ。途中は平で、雑木が厚く、厄介だが、帰りのスキー場はそこそこ傾斜があり、滑った痕跡のない部分もあり、それが楽しみ。


 左から右へ


 スキー場最上部から少し先の見晴台を越えるとやや狭い尾根になる。夏道沿いで、ひっかかる木々もなく、スキーでも歩きやすい。


 ほどなく林道に合し、突き当たりは頂上。


 頂上到着。突哨山越しに三角山、岐登牛山、右には旭山、ずっと奥には雲の中に大雪山。


 帰り、この上部でシールをはずす。あとは快適。


 使用後のスキー場全景
posted by take_it_easy at 17:16| Comment(0) | 東川近郊の低山