2009年02月08日

きょうの岐登牛山

 雪のち薄曇り、陽が射すこともあり。−6.5〜−4.1℃くらい。

 10〜20cmくらいの新雪。南端展望台に向かう夏道沿いは、夏道よりも広く硬く踏み固められていた。何人もの人がスノーシューで往復なさったようだ。


 この上は滑りすぎるから、少し離れて行った。戻りの登り返しは、このおかげで大助かり。


 南端展望台付近で休憩中のご一行。こんなに大勢のニンゲンに出会ったのは初めてだ。管理棟前に停車中のマイクロバスには「ひぐま大学」とあった。
 

 南端展望台からのこの時間帯のながめ。


 下のほうで、遠目にシメ。目の周りがあまり黒くないから♀?
posted by take_it_easy at 18:14| Comment(2) | 岐登牛山

2009年02月07日

きょうの岐登牛山

 ずっとくもり、−17.1〜−2.6℃くらい。

 午前中はずっと−10℃を下回っていたようで、鳥たちも、羽毛を羽織っているとはいえ、幾分か寒そうだった。


 ふくらんでる。


 へばりついてる。


 ちいさいのは元気元気


 こっちも元気元気
posted by take_it_easy at 17:50| Comment(0) | 岐登牛山

2009年02月06日

きょうは鬼斗牛山と(2/2)

 鬼斗牛山からの帰り、旭川市永山地区の最高峰、射的山(標高171m、ふもとからの標高差16m、歩行距離250m)に立ち寄った。
 スノーシュー一人分のあとがあり、ツボ足でのぼった。開豁。


 南東方向、黒岩山をのぞむ。手前右のおもちのような山が射的山


 頂上付近から見渡すと、石北本線特急オホーツクが走っていた。


 頂上付近の斜面。ツボ足を後悔。滑りたい、登り直す元気はなし。


 有名な「上野ファーム」の裏山だ。


 まだ天気が保っているので、旭山にフクロウを見に行く。

 4回目、前の3回は降雪、曇天、やっと日差しの中で見ることが出来た。2羽とも寝ている。そのうちの1羽が薄目をあけた。


 餌台近くにいたシメ、こわい顔。
posted by take_it_easy at 17:50| Comment(0) | 東川近郊の低山

きょうは鬼斗牛山と(1/2)

 日中は晴れ、アメダス東川の速報では−14.2〜−6.3℃くらい。日差しが強く、暑いくらい。

 きょうの岐登牛山は、授業で混雑するとの張り紙があり、避けた。
 で、もうひとつのキトウシ山へ。旭川東鷹栖市民スキー場から登って、尾根伝いに頂上へ。途中は平で、雑木が厚く、厄介だが、帰りのスキー場はそこそこ傾斜があり、滑った痕跡のない部分もあり、それが楽しみ。


 左から右へ


 スキー場最上部から少し先の見晴台を越えるとやや狭い尾根になる。夏道沿いで、ひっかかる木々もなく、スキーでも歩きやすい。


 ほどなく林道に合し、突き当たりは頂上。


 頂上到着。突哨山越しに三角山、岐登牛山、右には旭山、ずっと奥には雲の中に大雪山。


 帰り、この上部でシールをはずす。あとは快適。


 使用後のスキー場全景
posted by take_it_easy at 17:16| Comment(0) | 東川近郊の低山

2009年02月05日

今日の岐登牛山

 曇り、小雪ちらつく。−7.0〜−0.4℃くらい。

 きょうもスキー場は賑わっている、授業で。
 東面で遊び、南端展望台経由で下りた。東面でも、相変わらず積雪は薄いが、柔らかい。登り返しのシールもよく効き、快調。


 東神楽の東聖小、美瑛の明徳小中など。


 東面には所々に隙間がある。


 東面のアカゲラ。西面にいたら西面のアカゲラだけど。
posted by take_it_easy at 15:44| Comment(2) | 岐登牛山

2009年02月04日

きょうの岐登牛山

 曇り、晴れ間あり、粉雪ちらつくこともあり。−7.8〜−2.5℃くらい。寒気は少しゆるむ。

 きょうのスキー場は小中高のスキー授業で大賑わい。総勢約500人とのこと。上手な子もいれば初心の子もいる。リフト乗り場が賑わうと、係の人は大わらわ、みんなが上手に乗れるとは限らないから。降り場でも、みんなが上手に降りられるとは限らないし。


 勝手に滑るというわけにもいかない、なんせ授業なんだから。


 チョウセンヤマナラシのちょっと幾何学模様的な白っぽい枝に白い雪。今朝方も少し降ったようだ。南端展望台付近
 

 警戒空域がわりと広い。近くで撮れない。ツグミ。


 餌台が「鯉の池」奥の林にまで侵入してきた。
posted by take_it_easy at 17:47| Comment(0) | 岐登牛山

2009年02月03日

きょうの岐登牛山

 曇りのち晴、−12.7〜−4.5℃くらい。気温の割には風がなく寒くない。

 行き帰りの僅かな間に、ウサギの新しい足跡が増えていた。目を凝らしてみても、残念、姿は見えず。


 ツグミ、♀は色が淡く、♂は淡くないのだそうだけど(♀は色が濃くなく、♂は色が濃いのだそうだけど)、さて、これは異性か同性か、仲良しか喧嘩か。


 オオアカゲラ♂、飛び立つ前に頭の赤いところが見えた。


 キタコブシ、冬芽。


 ゴジュウカラ(シロハラゴジュウカラ)

 さて、1月31日に、ノルディックスキー世界選手権日本代表選手の名前が発表された。

ジャンプ女子
山田いずみ 神戸クリニック
渡瀬あゆみ 神戸クリニック
伊藤有希  下川ジャンプ少年団
竹田歩佳  北翔大学

ジャンプ男子
岡部孝信  雪印
葛西紀明  土屋ホーム
湯本史寿  東京美装
伊東大貴  サッポロスキッド
以下二人から、次回WCの試合結果をふまえてどちらか1人を選出
渡瀬雄太  雪印
栃本翔平  雪印

 女子も男子も順当と言えば順当だと思う。
 山田いずみと共に引っ張ってきて、世界選手権で正式種目になることを夢見、大けがを乗り越えて頑張ってきた葛西賀子が選ばれなかった、これが残念。
次回もチャンスがある、「家庭の事情」さえなければ。綺麗なのだから(飛び方が)、サッツの力強さが加われば、飛型も安定し、もっと伸びるとおもう。
posted by take_it_easy at 18:04| Comment(0) | 岐登牛山+スキージャンプ