2009年01月31日

FIS World Cup Ski Jumping in Sapporo 2009_19th

 きょうは大倉山でスキージャンプのワールドカップ第19戦がおこなわれた。その速報。

 強い風が向かいから吹いたり、背中から吹いたり、止んだり、サッツのスピードが86km/h前後に抑えられ、たいへん難しい条件だった。けれども、上位には総合成績の上位選手が実力どおりにそろってきた。5位にはいった渡瀬選手の2本目はもったいなかった。力が入っちゃったな。岡部はどうしたんだろう、サッツが左右アンバランスに見えた。

1 SCHLIERENZAUER Gregor 1990 AUT  133.0 120.5  253.3
2 MORGENSTERN Thomas  1986 AUT   112.0 123.5  216.9
3 LOITZL Wolfgang      1980 AUT   112.0 119.5 211.2
4 KEITURI Kalle         1984 FIN   127.0  96.5 193.3
5 WATASE Yuta        1982 JPN   121.5   99.0 187.9
6 LJOEKELSOEY Roar     1976 NOR  116.0 104.0  186.5
7 AMMANN Simon       1981 SUI  107.5  111.5 185.7
8 ITO Daiki             1985 JPN   109.0 110.5 185.6
9 KUETTEL Andreas      1979 SUI  104.5 114.0 183.8
10 HULA Stefan         1986 POL   111.5 106.0 180.5
11 NEUMAYER Michael    1979 GER  118.0 102.5 180.4
12 OKABE Takanobu     1970 JPN   103.5 109.5 172.9
13 STOCH Kamil         1987 POL  102.0 108.5 165.9
14 KOCH Martin         1982 AUT  107.5  98.5 159.3
15 YUMOTO Fumihisa     1984 JPN   105.5 102.5 158.9


 シュリーレンツァウアー選手の2本目


 オーストリア勢強し。


 湯本選手が表彰式のときに観客の中に混じってきた。15位でポイントゲットは暗くない。


 競技終了時の大通り公園、大倉山観覧席から。

 明日は朝から第20戦。
 今日(31日)は、世界選手権代表が発表される日、どうなったろうか。
posted by take_it_easy at 23:46| Comment(0) | スキージャンプ