2009年01月28日

中鶴根山

 曇りのち晴れのち快晴、−10.6〜−2.0℃くらい。

 きょうは中鶴根山(678m、標高差250mくらい、距離1,500mほど)を再訪。だんだん天気は好転し、快調。表面10cmほどは新雪、その下はグサグサで重かった。


 頂上は木立の中


 エゾマツの上部に陽が当たった。


 ゴジュウカラが誇らしげに何かを咥えている。


 年季の入ったアカミヤドリギ


 あまりに天気がいいので、帰りに岐登牛山の麓に立ち寄った。ケビン群とキャンプ場との境あたりで見た鳥たち。 

 ベニヒワ♀


 マヒワ♀


 エナガ(シマエナガ)♂♀不明


 今週末に大倉山で開催されるスキージャンプワールドカップ札幌大会に出場する日本代表選手の顔ぶれが決まったらしい。

クォータ出場選手(7名)
 葛西紀明(土屋ホーム)、竹内 択 (北野建設)、栃本翔平(雪印)、伊東大貴(サッポロスキッド)、湯本史寿(東京美装)、渡瀬雄太(雪印)、岡部孝信(雪印)
開催国出場枠出場選手(6名)
 東  輝(日本空調サービス)、船木和喜(フィットスキー)、小山内佳彦(東京美装)、吉岡和也(土屋ホーム)、坂野幸夫(雪印)、山田大起(北野建設)

 クォータ出場選手は、岡部選手を含むWC転戦組。
 開催国出場枠出場選手には、東、船木、坂野のベテラン選手も選ばれた。若手偏重が続いていたが、SAJもついに折れたか。今シーズンの活躍振りからするとほぼ順当な選考のような気がする。しかし、ひとつだけ、田中翔大選手(プライススキークラブ)が漏れたのは意外。

 うわさでは、外国の一線級も相当数が参戦する模様。目を見張るジャンプに目を見張ることでしょう、きっと。
posted by take_it_easy at 18:58| Comment(2) | 東川近郊の低山