2009年01月24日

今日の岐登牛山

 朝のうちははれ、のち雪・吹雪のち晴、−9.5〜−2.8℃くらい。深夜以降も気温は下がり続け、日の出以降は−8℃より上がることはなかった。

 昨日の強風で、カラマツの小枝が吹きちぎられて、雪に刺さっていた。溶けかけた雪がまた凍って、サクサクのガリガリのになった。


 キャンプ場


 きょうもエゾリスがカラマツを食べ続けた。


 強い風にも吹き飛ばされることなく。


 マヒワの群れもカラマツを食べ、近くのナンダカマツに積もった雪を食べた。
posted by take_it_easy at 21:01| Comment(0) | 岐登牛山

2009 UHB CUP JUMP

 大倉山で、2009 UHB杯ジャンプ競技大会があって、TV観戦。

 男子組は、最高齢の東 輝選手(日本空調サービス)が、小山内選手(東京美装)を逆転で優勝した。身体ごと突っ込み、落ちそうで落ちないで、ランディングバーンを舐めるように距離を伸ばす東選手のスタイルが復活してきた。コンバインドの高橋選手(土屋ホーム)と加藤選手(サッポロノルディックスキークラブ)とが入賞、WC転戦組の実力はたいしたものだ。スペシャルジャンプの選手達、一頑張りを要す。船木選手(FIT)は8位だった。

1.東  輝      120.5m 128.5m 240.2pt
2.小山内佳彦   124.5m 115.0m 221.6pt
3.遠藤友晃     108.0m 128.0m 213.8pt
4.高橋大斗     108.5m 126.5m 212.5pt
5.田中翔大     116.0m 116.5m 208.0pt
6.加藤大平     103.0m 125.5m 196.3pt

UHB TV画面をキャプチャ

 東選手の2本目

 女子組も最高齢が優勝。山田選手(神戸クリニック)は最高齢とはいえ、今が盛りの選手だから、フツーに引っ張っている。この6人の次とは50点近くも離れてしまった。マスコミ界注目のさきがけとなった小浅星子選手(札幌環境サービス)が7位、きっかけをつかめそうでつかめないでいる。

1.山田いずみ   126.5m 123.5m 243.5pt
2.伊藤有希     127.0m 115.5m 228.0pt
3.渡瀬あゆみ    127.0m 116.5m 226.8pt
4.金井理恵子   123.5m 116.5m 215.5pt
5.葛西賀子     122.0m 112.5m 212.1pt
6.竹田歩佳     120.0m 109.5m 200.6pt

 というわけで、男女とも最高齢の選手が優勝した。バンクーバーで開催されているWC第17戦の予選で、葛西選手が1位通過したという。最高齢の岡部選手(雪印)も16位で通過。海外でもベテランが目立っている。もちろん若手も頑張ってる。全員が20位以内で予選通過、今夜(日本時間で明朝)の本戦、翌日の第18戦がますますたのしみ。
posted by take_it_easy at 19:06| Comment(2) | スキージャンプ