2009年01月20日

第64 回 北海道スキー選手権大会

 名寄ピヤシリシャンツェ(ノーマルヒルHS=100m、KP=90m)で第64 回 北海道スキー選手権大会のスペシャル ジャンプ競技があったらしい。その結果です。北海道選手権だから、竹内 択選手や金井理恵子選手など、本州勢はエントリーしていない。

少年組
1.鈴木 翔 (札幌手稲スキー協会)  85.0 100.0  231.0
2.渡部弘晃(札幌日大高)       92.0  91.0  229.0
3.原田侑武(札幌光星高)       87.0  88.0  212.0
4.成田祐介(下川商業高)       85.0  88.0  206.0
5.細田将太郎(北海高)         83.0  87.0  198.5
6.山田勇也(小樽北照高)       81.5  81.0  182.5

 鈴木選手(愛称はスズショー)の2本目は大ジャンプだったようだ。12月の吉田杯で岡部選手が出したバッケンレコードに並ぶタイ記録だ。小柄で頑張っている。

成年組総合
1.坂野幸夫(雪印)           90.0  96.5  236.0
2.田中翔大(プライススキークラブ)  91.0  92.5  231.0
3.細山周作(雪印)           90.0  92.0  229.0
4.遠藤悠介(清光社スキークラブ)  90.5  94.0  227.5
5.遠藤友晃(明大)           90.0  91.0  227.0
6.吉岡和也(土屋ホーム)       88.0  94.0  226.5
7.小山内佳彦(東京美装)       92.0  87.0  222.5
8.東  輝 (日本空調サービス)    85.0  94.5  222.0
9.山本健太(明 大)           86.0  90.5  216.0
10.石澤 岳(雪印)            86.0  89.0  209.0
11.高柳太郎(日本空調サービス)   88.0  87.0   206.0
11.櫻井一欽(雪印)           85.0  88.0   206.0

 坂野選手は成年B、成年Aでは田中選手が1位。ここでもベテランがやや若手組を抑えた。

女子組
1.山田いずみ(神戸クリニック)     87.0  87.0  210.0
2.渡瀬あゆみ(神戸クリニック)     84.0  85.0  198.0
3.葛西賀子(日本空調サービス)    78.0  79.0  170.5
4.伊藤有希(下川中)           76.5  79.5  169.0
5.小浅星子(札幌環境サービス)    80.0  74.5  166.0
6.竹田歩佳(北翔大)           74.5  77.0  159.0

 世界選手権はノーマルヒルで行われるそうで、ここピヤシリはいい練習台。
posted by take_it_easy at 21:27| Comment(0) | スキージャンプ

今日の岐登牛山

 ほぼ曇り、−6.0(9時)〜−2.7(夜中)℃くらい。

 スキー場では、学校からのスキー授業が始まった。東聖小、緑が丘小、当麻小から大勢が来ていた。リフトの係員の皆さんも気が気ではなさそう。
 展望閣への夏道はスノーシューの跡が固まって、長靴でもたいへん歩きやすくなっている。


 ヤマゲラ♂脱糞の瞬間。鳥たちは、食べては出し食べては出しだから、よく見かけるから、適当にシャッターを切るとたまにこんな場面が写っている。が、身体とうんちがこんなに近いのははじめてだぁ。


 ナンダカマツの繁みに下がるつらら。


 今日の気温はそれほど低くはないが、あんたは寒いのかい? アカゲラ♀
posted by take_it_easy at 17:25| Comment(0) | 岐登牛山