2008年12月24日

神楽岡公園と嵐山の鳥たちの一部

 くもり、時々晴、−4.6(1時)〜+1.7℃(15時)くらい。冷え切らない、積もりきらない。

 旭川近郊近在の神楽岡公園と嵐山をはしごした。
 神楽岡公園の冬ははじめてだ。そこでは、年配のお二方に鳥談義を聞かせていただいた。隣接する上川神社には三々五々、お参りの人がいらっしゃるようで、ニンゲンの足跡がいっぱいだった。
 ついでに嵐山、展望台への最短コースは、意外にも新しい足跡がなかった。麓を流れるオサラッペ川(まもなく石狩川に合流)に水鳥数羽発見、と思ったら、向こうは一足先にニンゲン1頭発見とばかりにとびたった。いそいで登って急いで降りて、川をのぞき込んでも、残念、戻ってはいなかった。とおくに何か、尾の白いおおきな鳥影発見、どこかの木の枝に留まったはずだが、残念、見失った。

神楽岡公園

上川神社本殿


 神社横に設えられたエゾリス用の(と書いてある)餌台にきたゴジュウカラ。このほかに、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヤマガラが入れ代わり立ち替わりだった。どアップも撮れそうだが、こちらにはなぜか真剣さが湧いてこない。鳥たちは鳥たちなのだけど。


 公園横を流れる忠別川、左上の橋は大正橋。

嵐山

 発見!とおもって急いで撮った、この1枚だけ、次を撮るまもなく、飛び立ってしまった。木が遮り追いかけられない。カワアイサ。


 最大のズームアップで撮った岐登牛山、手前に旭橋(旭川の名橋)らしき橋が見える。嵐山展望台から。


 なんとか判別できるオジロワシ、もっと粘れば再発見できたのかもしれないが、薄着していて汗かいて、ちと寒かったんだ。
posted by take_it_easy at 17:58| Comment(0) | 旭川界隈