2008年12月12日

今日の岐登牛山

 くもり、午後には軽めの雪、−5.3〜−2.4℃、17時が1番低いから、最低気温はもう少し下がりそう。

 昨夜半までに結構な降雪があり、一面はふたたび冬景色。
 キャンモアスキービレッジでは、昨日中にリフトの設置は終わったようだ。が、まだまだ積雪深は足りなさそうで、20日からの開業予定にしたそうだ。


 スキー場従業員がスノーモービルで登ってくる。明日から開業したかったのだろうが、仕方ないよ。


 枝に乗った雪が風に押されて、まるで焼夷弾の爆撃のように落ちてくる。


 ヤマザクラにくっついたサルノコシカケの類にも雪は乗る。


 頂稜の道にあるニンゲンノコシカケの類にも雪は乗る。この厚さはおよそ25cmだった。


 展望閣前にあるナニマツ。

 明日14日、明後日15日に、名寄ピヤシリシャンツェでスキージャンプ大会。いよいよ今シーズンの開幕戦。ワールドカップ組以外の選手達はまずはこの大会に照準を合わせてきたはず。力作を観戦できる。入場無料、豚汁か何かのサービスあり、たぶん。一度も見ぬバカ、二度見てもバカでないスキージャンプ。三度四度と見つづけるとだんだんバカになるスキージャンプ。道中荒れないことを祈るのみ。
posted by take_it_easy at 17:57| Comment(2) | 岐登牛山