2008年11月22日

今日の岐登牛山

 おおむね曇り、陽がこぼれることもあり、小雪ちらつくこともあり、アメダス東川によれば−7.5〜−1℃、真冬日、が、路上は雪がゆるんでびちゃびちゃなところあり、油断すると大変滑りやすい。
 明け方まで降った雪で、山はきれいに真っ白、キャンプ場の出口当たりでついたばかりの見慣れない足跡(胴体付き)があり、、辿ってみるとネコがいた。
 キツツキの木を突っつく音があちこちから聞こえる。ゴジュウカラも逆さになってコツコツコツ。


 展望閣への道をほぼ登り切るころ、日が差してきた。振り返って自分の足跡を撮す。


 何気なく、いくつかあるエゾリスの巣の方を見ると、少し離れたところにヌシの陰があった。白いおなかに左前脚をあて、ジッとしていた。そろそろ休息時間?

 

 近くで、オオアカゲラ♀がどこに行こうか考えているような風情でいた。すぐに決まって、すぐに飛んでいった。


 稲積神社神殿跡小ピークへの道


 稲積神社神殿跡小ピークからの展望。ちょっと脚に来たので、ここを超えるだけで帰ってきた。
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(0) | 岐登牛山