2008年11月24日

朝は吹雪

 朝は吹雪、のち曇り。−5〜−2℃くらい。気温の上下があまりない。

 今日も玄関先や車庫前の除雪、しなくても歩けるし、車は出せるのだが、こまめにしておかないと、はた迷惑だし、しっぺ返しがさらに辛くなる。
 

 昼前の様子、降雪中


 上とほぼ同じ頃、しっかり降って、見透しがよろしくない。
posted by take_it_easy at 17:52| Comment(0) | 東川歳時記

2008年11月23日

今日の岐登牛山

 晴れたり曇ったり雪が降ったり。朝方はボタンのような雪がしっかり降っていた。明け方は−3℃くらいだったけれど、17時では−5℃くらいまで下がってきた。maxは−0.5℃くらい。風がなく寒気は忍び込んでは来ない。

 柔らかく、やや湿った雪が山を覆った。展望閣辺りから上の積雪深は30cmほど。朝の除雪が堪えている、南端展望台まででgive up。スキーを利用するにはまだ雪不足、しばらくはツボ足。


 道道から見た雪上がりの朝の岐登牛山。


 雪上のクリオネ。何の実? もう一つは何の実?
(どちらもシラカンバの果穂から脱落したもの、クリオネは鱗片、もう一つは種子だとわかった。解剖してみた20081125。)


 何かの巣、夏場には気付かないことがいっぱいありそうだ。
 

 ミツバウツギの実


 道の正面でこちらを見ているエゾリス、こちらが気付くよりずっと前から気付いていて、じっと見ていたんだろうなあ。


 南端展望台から
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(2) | 岐登牛山

2008年11月22日

今日の岐登牛山

 おおむね曇り、陽がこぼれることもあり、小雪ちらつくこともあり、アメダス東川によれば−7.5〜−1℃、真冬日、が、路上は雪がゆるんでびちゃびちゃなところあり、油断すると大変滑りやすい。
 明け方まで降った雪で、山はきれいに真っ白、キャンプ場の出口当たりでついたばかりの見慣れない足跡(胴体付き)があり、、辿ってみるとネコがいた。
 キツツキの木を突っつく音があちこちから聞こえる。ゴジュウカラも逆さになってコツコツコツ。


 展望閣への道をほぼ登り切るころ、日が差してきた。振り返って自分の足跡を撮す。


 何気なく、いくつかあるエゾリスの巣の方を見ると、少し離れたところにヌシの陰があった。白いおなかに左前脚をあて、ジッとしていた。そろそろ休息時間?

 

 近くで、オオアカゲラ♀がどこに行こうか考えているような風情でいた。すぐに決まって、すぐに飛んでいった。


 稲積神社神殿跡小ピークへの道


 稲積神社神殿跡小ピークからの展望。ちょっと脚に来たので、ここを超えるだけで帰ってきた。
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(0) | 岐登牛山

2008年11月21日

きょうの忠別川

 雪のち晴のち雪、−4〜+2℃くらい。
 路面では雪がべちゃべちゃ。
 ツボ足で歩けるうちにと、忠別川の河川敷を歩いてきた。
 積雪深はせいぜい10cmほどだが、けっこう脚に来る。この季節、雪上歩行にはまだ馴染めていないからかな。


 道道から見た岐登牛山


 もうすこし虹色のような気がしたが。冷たそうな雲。
 

 河川敷に立つ姿のいい木(ニオイドロ?)、若葉のころに近くを通ると香気が漂ってくる。近づいて触ると粘る。


 河川敷にはオオアワダチソウの実がいっぱい。
 

 河川敷や中州にはオオヨモギもいっぱい。


 河川敷の管理道路、両側はススキがいっぱい。
posted by take_it_easy at 19:53| Comment(2) | 忠別川

2008年11月20日

今日の岐登牛山:吹雪とそのあと

 昼過ぎまで吹雪き。昼下がりには陽が差し、空は開いた。風は治まらず。マイナス8〜マイナス5℃くらい。真冬日。

 午後になって空が明るくなってきたので、山の様子を感じに行ってきた。下の駐車場で積雪深は10cmくらいだった。林にはいると風は届かず、冷たいけれど、おだやか。南端展望台の展望は灰色一色。頂上への道で積雪深は15cmくらい。スキー場の上にでると、風は強烈、雪を舞い上げる、というより、掴み蹴散らす。スキー場の吹き溜まりにはいると股下まで潜る。
 いつものように、キャンプ場に降りてくるころに、青空が拡がり、明るくなった。風は相変わらず強い。
 鳥の声なし、ウサギ、リス、ネズミ、キツネの足跡がちらほら。


 展望閣前広場への入り口から


 頂上への道、途上での積雪深は、この辺りがいちばん深かった。


 薄日が差してきた。戻りの道で。


 キャンプ場出口では晴れてきて、が、日差しは弱くなっている。(15時ころ)


 帰り道、降り積もった雪粒が路上を流れる、風強し。

 アクセスカウンタ(合計)が10,000を超えた。付き合ってくださっている皆様、有難うございます。

 去年の12月16日以来11ヶ月とちょっと。開設当初は毎日10カウントはなく、ある日突然24と出ていて、どきどきした。最近は30〜40くらいで推移していた。ところが昨日今日、突然70超え。アクセス解析をみると、robotのアクセスが圧倒的に多い。とくにyahooからのアクセスは、たくさんのIPアドレスを使っているようで、毎日20を下らないように見える。さて、実のところ、このblog閲覧のためにアクセスしてくださる回数はどれくらいのものなのか、ちょっと気になる。plalaを利用しているが、その標準では、解析のページに記載されるのは上位25件で、その全てがgoogleやyahooなどによるもの。標準以上のことをする才覚はないので、解らず仕舞いになるのだろう、残念。
posted by take_it_easy at 17:54| Comment(4) | 岐登牛山

2008年11月19日

今日の岐登牛山:エゾリス4態

 晴れ、午後には小雪がぱらついた。−2.5〜+1℃くらい。プラスの時間帯は短かかったが、真冬日は免れた。
 下の駐車場では、昨日の雨で濡れたアスファルトが凍りつき、足下がよく滑った。
 中腹以上は白くなっていた。
 久しぶりにエゾリスの姿を見た。何か気になることがあるのか、近くをうろちょろして、遠ざかろうとはしなかった。なにか邪魔をしているに違いなく、早々に離れることにしたが、なんだったのだろうか。今年の木の実は成りが芳しくないような気がする。食い物でもあったのだろうか。


 頂上分岐へ向かう道


 南端展望台の岩体にできたつらら。陽が差して、水滴が滴り落ちる。その瞬間をねらったが、遅すぎたり早すぎたり、この1枚がその瞬間に一番近いものになった。雫が落ちる直前。狙いはこれが離れた直後。


 通りがかると、ゲボゲボのようなギュルルのような警戒の声が聞こえた。


 上空を跳ぶ。ピントは追いかけることが出来ない。


 強風の中で、その1 耳が煽られている。


 強風の中で、その2

 利用しているレンタルスペースの容量が、値段は変わらず6割も増えた。で、容量を気にして撤退していた「北海道の耕地雑草」の画像サイズを改善した。中身はかわらず、恥ずかしい話だが、視認性は向上したと思う。
posted by take_it_easy at 18:25| Comment(2) | 岐登牛山

2008年11月18日

光回線が来た

 明け方は雪、いっとき白くなり、まもなく雨にかわり、ほんの少し積もった雪は消えた。0〜4℃。

 昨日開通したという我が町への光通信網の末端が、きょう、我が家にも入ってきた。
 有線接続の設定はあっけなく終わった。期待に胸をふくらませてインターネットに接続した。通信速度の劇的向上はPCの性能にも左右されるんだなあ。
 もう一台のPCを使い、市販の無線通信機器をブリッジモードにして接続を試みた。ちょっと手間取ったが、なんとか繋がった。このPCを使うヤツは早ぇーと喜んでいる。通信速度の劇的向上はPCの性能にも左右されるんだなあ、やっぱし。
 NTTのレンタル機器と市販の機器との連携については、なかなか納得しがたい所がある。どこが納得しがたいか、が、よく解らないけど。
 次はもう一台、無線で繋ぐ方策を考えなければ。簡単なことのような気もするが。そのためには、もう一台PCを用意しなければならぬ。ぇっ!

 と言うようなことで、今日いちにち、禁足。で、またしても古い古い版画を一枚。

 
posted by take_it_easy at 20:36| Comment(2) | 東川歳時記