2008年10月05日

硫黄沢から望岳台へ

晴れのち曇り、6〜15℃。

 白金温泉街から、硫黄沢に沿って延びる遊歩道(前半はウグイス谷)を通って望岳台へ、帰りは旧スキーツアーコースになっていた白金コースを辿った。
 登りの道は、途中、ガスると不安になりそうなところもあるが、全体に充分なだらかな道、ウグイス谷は林間の道、途中、防災工事用道路を辿り、上部は十勝岳の裾らしい溶岩の道。降りの道は、古くに広く切り開かれた道なので、道幅の半分はササが生い茂り、周囲はシラカバの若木が覆う。あまりに単調、車道に近いので、騒音が近くを走る。ので、安心感はある。


 ウグイス谷の道


 あちこちにこのような施設がある。防災用の工作物だということはわかる。埋設型治山ダムと言うそうで、この敷き詰められた木の下にはコンクリートダムが隠されている。隠されているわけではないけど。泥流被害を低減できるらしい。種子の定着を損なわず、動物の移動も妨げないのだとか。


 望岳台に近づいて、十勝岳山頂方面


 美瑛岳方面


 白金コースの道、ずっとこんな道


 イブキヒメギスとクロスズメバチの一種が接近遭遇。このあと、イブキヒメギスが襲いかかり、クロスズメバチは慌てて逃げた。


 白金コースのササ藪のあちこちで、ウグイスの地鳴きが聞こえる。温泉街に近づく頃にやっと姿を見せる個体がいた。
posted by take_it_easy at 20:20| Comment(2) | 大雪山以外の山