2008年08月05日

今日の岐登牛

快晴のち晴、max29℃ほど。
今朝のminは13℃ほど、この冷気と交換して欲しいくらいです、暑気に住む人々よ。


夏の林内、滑り台のすぐ上。


展望閣付近のハウチワカエデ


ササの葉のうらにささっとかくれ、様子をうかがうミヤマフキバッタ


ハネナガキリギリス♂があちこちで鳴いている。


オオヨモギについたナントカアブラムシを食べていたナナホシテントウ


去年の実を残したまま今年の実を結ぼうとしているウメガサソウ
posted by take_it_easy at 20:04| Comment(2) | 岐登牛山

2008年08月04日

今日の岐登牛

快晴のち晴、max27℃ちょっと。
昼が近づくにつれ、平地の上空は雲が湧き、大雪は晴れ上がってきた。


山麓のポニー、前が♂、後は♀


一ヶ月ほど前から縄を張り続けている。だいぶ翅は傷んできた。


ツマグロイナゴモドキ♂


クルマバツクバネソウの玉(実)


エゾノミツモトソウ


ヤマタニタデ(エゾミズタマソウ)、花はちっちゃくてちっちゃくて。


ユウゼンギク、まだ咲かなくてもいいのに。
posted by take_it_easy at 22:43| Comment(2) | 岐登牛山

2008年08月03日

今日の岐登牛:セイヨウオオマルハナバチとエゾアカヤマアリ

くもりのちあめ、max25℃の夏日。

 天気予報にはだんだん晴れるとの雰囲気があった。
 一瞬、雲が切れ、青空がのぞいたが、すぐに閉じ、雲は厚くなるばかり。


 徐々に見えるようになってきたと思ったら、徐々に見えなくなった。大雪山。


 オオルリボシヤンマ♂、♂♀入り乱れ、何頭かが翅をぶつけ合うようにして飛び交っている。


 たぶんヤマキマダラヒカゲ、たぶん。
 きょうもまた悩んでしまった。名前が判ったところでそれがどうしたの、なのだが。


 エゾゼミ、声の発信源を見つけたとき、1頭が飛び立った。のこったこの1頭はゆっくりと場所を変えた。


 アキノキリンソウ、もうしばらくはナツノキリンソウでいてほしい。


 セイヨウオオマルハナバチの後ろ脚に噛みついたエゾアカヤマアリとエゾアカヤマアリに後ろ脚を噛みつかれたセイヨウオオマルハナバチ
 アリの地面をつかむ力は相当のもので、ハチは必死に飛び立とうと踏ん張るが簡単には逃がれられない。
 ハチはどうしてこんな道路面にいたのだろうか、交通事故だろうか、失神している間に噛みつかれた?
 しばらくして、結局は振りほどき、振りほどかれてしまった。
 どちらも命がけで生きている。
posted by take_it_easy at 20:51| Comment(2) | 岐登牛山

2008年08月02日

久しぶりの堤防探訪

曇りのち降ったり止んだり、max24℃。

 久しぶりに忠別川の堤防に行ってみた。
 前回歩いたときには、堤防の内側(川側)の草はぼうぼうだったが、きょうは、両側ともきれいに刈り込まれ、だだっ広くなっていた。
 草刈りはのり面だけで、河川敷は伸び放題。濡れているから入らない。


水田越しの岐登牛山


その水田では、稲の穂が出揃っている。


エン麦を鋤込まれた畑で、ドバト(カワラバト)がエサを探しに降りてきた。
このへんでドバトはあまり見ないような気がする。


忠別川右岸の堤防


頭上すぐ上をスカイマーク機がとぶ。旭川空港への着陸を目指して。このあと左へ旋回し、しばらくして逆噴射の音が聞こえてくる。
posted by take_it_easy at 20:04| Comment(2) | 忠別川

2008年08月01日

今日の岐登牛

曇りのち雨のはずが、曇りのち晴、max27℃超。

 きょうは林道富山線を歩いた。公園部分のやりすぎるほどの草刈りとは対照的に、ことしは手入れがなされていない。


 マダラナガカメムシ、キク科にいることが多いのだそうだが、きょうはアカクローバにいた。


 ミヤマクワガタ♀、地面を戦車のごとくのしのしと。


 オオアワダチソウ


 ヨコジマナガハナアブ
 スズメバチに擬態しているのだそうな。まさか自身はそうは思ってないとは思うけれど。
 模様のような見た目だけではなく、留まるとき前脚をあげる、これは触角に似せているのだとか。
 スズメバチがこのハナアブに擬態しているとは言わないんだろうなあ。「わたしは安全ですよ」って。


 イブキヒメギス♀ この産卵管でどうやって産卵する?
 ♂は、厳つい姿に似合わず、シーっと控えめにないている。


 イシミカワ


 アオダイショウ、全く予期していなかったところにいたので、ぎくっとした。アオダイショウはお見通しで、悠々とその場を離れた。
 ハスの葉にいたニホンアマガエルが居なくなったような気がする。
 (訂正:アオダイショウではなくて、シマヘビのようです。)


 アキアカネ♂、赤くなり始めた。
posted by take_it_easy at 21:03| Comment(2) | 岐登牛山