2008年07月29日

今日の岐登牛

快晴、暑い、max28℃超、夕方にはだいぶ涼しくなる。

 キャンプ場は、夏休みだからか、大賑わい。
 そこを通り抜けると、いつもの閑散とした山道。
 展望閣前の広場で、シオヤアブが唸りを上げて近づき、遠ざかる。2頭が空中衝突したかと思った一瞬、結合を果たし、そのままツツジのしとねへ。
 2時間ほどのち、キャンプ場に戻ってくると、みごとにもぬけの殻。
 きょうはふんだんの日差しがあった。木漏れ日のスポットライト。


 ヤブハギ、いつまでも咲き続けるような気がする。


 シオヤアブ、手前が♂、いかにも肉食の面構え、だが、なんとなく愛嬌もあり。


 ジョウザンミドリシジミ、縄張り意識が強いのか、もう何日も、この場所を占有している。たぶん同じ個体だと思う(ちがうかもしれない)。相変わらず、同類が来ると、追い払うために飛び立ち、すぐに戻ってくる。


 ヒメキマダラヒカゲ、きょうは何頭も見た。


 ミドリヒョウモン♀


 カブトムシの残骸。もともとは北海道には生息せず、1970年代になって定着が進んだとか。樹液の争奪戦では結構他の虫を駆逐するので、在来の虫たちは戦々恐々かもしれない。だが、ひいきされているのか、駆除活動はあまりきかないなあ。
posted by take_it_easy at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山