2008年07月02日

北鎮岳から比布岳

晴れ、max28℃を超えた。

一昨日の裾合平、北鎮岳、当麻乗越経由で姿見に戻る行程の中間部分。


安足間岳はやっぱりかっこいい。中岳分岐のちょっと手前から。


ミヤマタネツケバナ


広大なお鉢平、赤石川が流れ出す。ここに降った雨は赤石川から層雲峡紅葉谷を経て石狩川に注ぐ。後は烏帽子岳。


中岳を振り返る。行き交った人達が佇む。この稜線が分水嶺(東川と上川との町界)になっている。


タカネヤナギ(マルバヤナギ)


鋸岳を横切って比布岳(正面、雲の中)に向かう道。北鎮岳から。


ピウケナイ沢源流部。ここに降った雨はピウケナイ沢に入って、忠別川、そして旭川で石狩川と合流する。中岳を含む稜線の両側(東西)で降った雨がいずれ石狩川で一緒になる。ということは、この稜線は分水嶺とは言わないのかな。北鎮岳から


旭岳と熊ヶ岳は未だガスに覆われている。鋸岳と比布岳との鞍部


エゾシマリス、比布岳東面


エゾシマリスとギンザンマシコを見て振り返ると、一瞬旭岳の頂上が見えた。

    (つづく)
posted by take_it_easy at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山