2008年07月06日

今日の岐登牛山

薄曇り、16時で32.4℃、気温はそのあと少しずつ下がってきてはいるけれど、あたたまった家屋はなかなか冷めない。

活動している生き物たちは大変活発、当たり前に普通に。


アキカラマツが咲き始めた。


ヤマトヤブカ、どうもネタがなさそうなので仕方なく、まとわりつくヤブ蚊に指を提供した。左手の指をじっとさせると、蚊はすぐに留まった。指される前にと思ったが、チクッときたので、工夫する前に、右手の指ではじき飛ばした。


ハサミツノカメムシ、1枚撮って少し近づいたら、飛んで逃げた。こんなに元気なカメムシもいるんだなあ、と思ったが、カメムシには予定の行動だったのかも。ヤマウルシにて


ノリウツギ(サビタ)


サルナシ(コクワ)


フキバッタ(サッポロフキバッタ)、たいそう堂々と構えている、よくみると、なんと、後ろ脚がない。なんで。げんなりしたオオハンゴンソウにて
posted by take_it_easy at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 岐登牛山

2008年07月05日

今日の岐登牛:ウリノキ

くもり、夕立あり、maxはアメダス速報で15時に29.9℃、我が家は真夏日間違いなし。

1週間ぶり、
子供広場上の林床がきれいさっぱり草刈りにやられた。
燃料高騰の折、ここまでやらなくても。
かろうじてチェックしていたウメガサソウの花は残った。
つぼみのクルマユリは手折られた。


ウリノキが咲いていた。


エビガライチゴの実が赤くなっている。


サビキコリ、アスファルトの道路をちょこちょこと。体長15mmくらいのコメツキムシ。


ウメガサソウの花、つぼみ期間が長く、待ちくたびれた。草刈機の襲撃から免れた。
posted by take_it_easy at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山

2008年07月04日

ピウケナイ沢〜姿見

曇りのち雨、久しぶりの降水、蒸し暑かった、max27℃くらい。

先日の裾合平、北鎮岳、当麻乗越経由で姿見に戻る行程の終盤部分と行程中に咲いていた花たち。


ピウケナイ沢渡渉点に向かう。木製の橋が架けられており、どこで渡ろうか悩まなくても済みそう。


エゾアカガエル、鼻先から尻まで7cmくらいはあった。この個体、山にいるだけにスリムだ。


裾合平でみる旭岳


エゾ(ノ)ツガザクラ、あの日光がこちらに来ないかと待ってみたが、すぐに諦めた。姿見近く

以下は、この山行中で見た花たち何点か。


エゾイソツツジ


エゾクロウスゴ


マルバシモツケ 


ミネズオウとチングルマ


コメバツガザクラ


ミヤマキンバイ
posted by take_it_easy at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山

2008年07月03日

安足間岳から当麻乗越まで

晴のち曇りのち雨、蒸し暑い、max29℃ちかく。

一昨昨日の裾合平、北鎮岳、当麻乗越経由で姿見に戻る行程の後半部分。


安足間岳頂上に着く


見下ろした大塚


白雲岳


比布岳に雲が湧く。


旭岳はまた閉ざされた。


当麻岳に向かう


ハクサンイチゲ、安足間岳から当麻岳への稜線にも花が咲き誇る、いまはまだはしり。


キバナシャクナゲ


沼の平、雲間から光、当麻岳からの長い降りの途中で。


ロープウェイまで、あと5km。当麻乗越

   (つづく)
posted by take_it_easy at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 大雪山

2008年07月02日

北鎮岳から比布岳

晴れ、max28℃を超えた。

一昨日の裾合平、北鎮岳、当麻乗越経由で姿見に戻る行程の中間部分。


安足間岳はやっぱりかっこいい。中岳分岐のちょっと手前から。


ミヤマタネツケバナ


広大なお鉢平、赤石川が流れ出す。ここに降った雨は赤石川から層雲峡紅葉谷を経て石狩川に注ぐ。後は烏帽子岳。


中岳を振り返る。行き交った人達が佇む。この稜線が分水嶺(東川と上川との町界)になっている。


タカネヤナギ(マルバヤナギ)


鋸岳を横切って比布岳(正面、雲の中)に向かう道。北鎮岳から。


ピウケナイ沢源流部。ここに降った雨はピウケナイ沢に入って、忠別川、そして旭川で石狩川と合流する。中岳を含む稜線の両側(東西)で降った雨がいずれ石狩川で一緒になる。ということは、この稜線は分水嶺とは言わないのかな。北鎮岳から


旭岳と熊ヶ岳は未だガスに覆われている。鋸岳と比布岳との鞍部


エゾシマリス、比布岳東面


エゾシマリスとギンザンマシコを見て振り返ると、一瞬旭岳の頂上が見えた。

    (つづく)
posted by take_it_easy at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山

2008年07月01日

中岳分岐に向かって

曇りのち快晴、夏日、きのうは歩きすぎてきょうは休養。

きのうの裾合平、北鎮岳、当麻乗越経由で姿見に戻る行程の前半部分。


姿見園地を過ぎて振り返る旭岳の勇姿、を見せてくれることを願いつつ。


エゾ(ノ)ツガザクラ、姿見園地辺りは最盛か。


ノゴマ


裾合平を過ぎて中岳温泉に向かう道、旭岳、熊ヶ岳方面は相変わらずガスに包まれている。


北鎮岳が見える、先行者2名。


安足間岳がかっこいい、大塚・小塚を従えて。


中岳温泉を過ぎて、振り返る。


これもキバナシャクナゲ


ずーっとイワウメ


安足間岳はやっぱりかっこいい。体力とスキー道具があればなあ。

       (つづく)
posted by take_it_easy at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山