2008年06月02日

今日の岐登牛 虫づくし

晴れ、あたたかい、が、max18℃に届かず。
 オオハナウドが純白の大きな花序を広げ、チシマアザミが大きな葉を広げ、ここにいろんな虫が住む。ちっちゃいヤツが葉の上を動き回り、そよ風がその振幅を拡大する。それをカメラで狙っていると、ろくにピントが合わないから、時間が容赦なく経っていく。デジカメはありがたい。何回シャッターを切っても惜しくない。そのうち一コマだけでもピントが合っていればもうけもの。


芝桜とベニシジミ


ナミテントウ、いろんな模様のヤツがいるそうだ。


アカハネムシ、体長14mmくらい、チシマアザミにて。


トゲカメムシ、体長10mmくらい、チシマアザミにて。まえに幼虫を見たが、似ているような似ていないようなだ。


ゴマダラオトシブミ、体長8mmくらい、バイケイソウにて。ナラ類やクリの葉を巻くそうだが、いまはバイケイソウの上。


バイケイソウ


カラカネハナカミキリ、体長12mmくらい、オオハナウドにて。

 旭川の山の道具屋さんの主人が、ロッククライミングの事故で亡くなられた。慣れ親しんだ訓練用岩場でだったそうで、心残りがある。彼の品揃えは信用していた。店のHPででも懇切なアドバイスを書かれていた。わたしは単に一見の客に過ぎないが、大雪山をめざす山愛好者としては、喪失感が大きい。合掌
posted by take_it_easy at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山